スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガス室 

先日、隣村のお肉屋さんに買い物に行って、
夏休みのどうするかって話になり、
「うちは、犬と一緒に南チロルに行ってくるの。」って話すと
「犬はどんな餌を食べてるの?」と聞かれ
「ドライフード」と答えたところ
「いい骨があるから持ってく?」とかなり大きな牛の骨を2本タダでくれました。


そこのお肉屋さんは、小さいながらも創業200年を越える老舗で
お肉もハムやソーセージもどれもおいしい。
「XXX用のお肉が欲しいんだけど」、と言えば適切なお肉を出してくれるし、
「このソーセージとこのソーセージはどこが違うの?」って聞けば、
そのソーセージを切って、詳しく説明してくれる、とっても頼れるお肉屋さんなんです。


この前聞いたら、なんと牛タンもあるとのこと。
まだ買いに行ってないけど、タン塩が食べれる日が近いなんて
ヨダレがじゅるりです。かなり楽しみ~~。


話は横道にそれてしまいましたが。。。
帰ってさっそくもらった骨をレニスパにあげてみたら
期待していた、ヒィヤッホーと骨にむしゃぶりつくわけではなく
クンクンにおいを嗅いで、ペロっと舐めてあっさり終了。


せっかくもらった立派な骨、無駄にはできません!!
ってことで、2回使ったっきりすっかり出番がなかったシャトル鍋の登場です。


加熱したあとは、カニみそのような灰汁がいっぱい浮いてたけど
なんだかとってもいいスープが出てる感じ。


さっそく冷まして、レニスパにあげてみると
まぁ、なんてことでしょう。
すっかり骨に夢中じゃありませんか!!
あっという間に大きな骨がなくなってしまいました。


そして翌日はというと、
ウ○チの回数激増。おしりが切れちゃうんじゃないかって余計な心配しちゃいます。
そして、くっさいオナラを(だいたい、すかしてます)連発し
わたしの仕事部屋は、レニスパの放屁により、ガス室と化したのでした。
まるで、大涌谷にいるような、硫黄の混ざったようなニホイでした。(お食事中の方ごめんなさい)


どっちかがオナラするたびに、
「くっっさい~~!!」と言っていたら、
めちゃめちゃ嫌そうな顔をして仕事部屋から出きましたよ。
廊下でふて寝してました。


200808_gas3.jpg


かれこれ3日間ぐらい
仕事部屋は、ガス室でした。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://renisupa.blog113.fc2.com/tb.php/69-7660db36

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。