スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レニーの受難 

今日掃除機をかけてるときに、玄関入ってすぐのところに立てかけてあるだけの鏡(姿見)に掃除機のコードがひっかかって、無理に引っ張った拍子に倒れてきました。

寝ているレニーの上に。


がーーーん!


レニーの上に倒れたおかげで、鏡は割れずには済みましたが、
レニーが壊れていないか心配。。。


鏡、結構大きくって重いんです。
165cm x 30cm。

それがバーーンって倒れてきたんだから、レニーもたまったもんじゃないですね。


相当びっくりしたみたいで、白壁に「何だ、これ?!」っていう液体がついてました。
血ではないし。
なんか、におうし。


そう。犬飼いのみなさんはもうお気づきかもしれませんが。
びっくりしたときに肛門線からあのくっちゃい液体が噴射されて、壁に付着してました。
筆でぴしゃってしたみたいに。


オレンジXで拭いたけど、まだうっすらにほいが。


レニーとスパイキーは同胎の兄弟犬なので、いってみれば双子みたいなもんですが(正確には6ツ子の中の2頭)、こうゆうツイてないことって必ずレニーに起きるんです。


思い起こせば最初の受難は、生後4ヶ月頃。
初めて飛行機に乗り、私の実家に里帰りしたときのこと。
近所の灯台まで散歩した帰り、おっちゃんが連れてた柴犬が、急にレニスパに向かって、ガウガウ襲ってきたときに、襲われたのはレニーだったし。


renisupa_4months.jpg

この後、レニーが襲われる!


歯があたったぐらいで、がぶりと噛み付かれたわけではないけど、お散歩デビューして間もないのに、レニーはいきなり厳しいワンコ社会の洗礼を受けてしまいました。


renisupa_4months_1.jpg

さぁ、レニーはどっち?!


そして、去年、ドイツに引越して間もない頃。
夜のお散歩のときです。
リードをもったまま、ボールを軽くぽいっと投げて、キャッチしながらお散歩してたんですけど。
レニーがキャッチしそこなって、鼻先にあたったボールが前方に転がっていきました。
そのボールを追っかけてレニーは急発進。
リード持ったままの私は急に引っ張られ、
着地したところが、レニーの右後ろ足の上。
多分、細くなってるとこらへんだと思います。

レニーはキャイーンと鳴き、足がつけなくなってしまいました。

絶対骨折させてしまったと思ったのですが、レントゲンを撮った結果骨には異常なしで。
1週間ほどで普通に歩けるように回復したので、本当によかったんですけど。

ドイツ語を読めないし、喋れない中、獣医さんを探すのは大変でした。(ダンナが探してくれたんですけどね。)もう夜の9時前だったし。
電話したら、『うちは馬専門だよ。』とか言われちゃうし。
結局近所の人にヘルプしてもらい、何とかすぐに見てくれる獣医さんを見つけ、行ったところがすごくよくて、今でもそこに通ってます。


話は横道にそれてしまいましたが。。。


で、3度目の受難は今日の鏡。

お散歩のときも元気よく走り回ってるし、今のところどこも痛いところはなさそうですが。
ほんと、ごめんよ。レニー。


renisupa.jpg


大きな受難はこれぐらいだけど、他にもいろいろあるかもね~。

コメント

レニーちゃん、受難ですねぇ。
テディは4ヶ月ぐらいの時、姿見に突進して行き、頭を打って鏡はバラバラ。大変な思いをしました。
それが後日の癲癇の原因じゃないかって獣医さんに言われました。でももう後の祭り・・・。
可哀想なことしたけど、とりあえず11年間、無事に生きてるので良しとしましょう。
今後レニーちゃんの「受難」がなるべく少ないように祈ってます(笑)

クミさん

テディさんも、そんなことがあったんですね。
これからも癲癇に負けずに長生きしてもらいましょう!

レニーの受難の3つのうちの2つは、私が加害者ですからね~。
これ以上レニーに害を与えないように気をつけます。。。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://renisupa.blog113.fc2.com/tb.php/34-44f341c8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。