スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翌週は。 

イタリアから帰ってきた翌週(6/15の週)は
お財布が届く予定だったので
DXXの配送のある午前中は家で待機し
午後ゆっくりめに出かけるようにしてました。
わたしは、仕事も結構忙しかったし。


夕方からゴルフに行ったり、
去年兄が来たときには未開拓だったイベリコ豚の買えるお店に行って
BBQの食材やお土産のクッキーやら買ったり、
今年新たにオープンしたポルシェ博物館に行ったりして(兄だけ)
のんびり過ごしました。


夕方のレニスパのお散歩は
兄が担当してくれたので
とっても助かりました。


土曜日はゴルフのコンペの予定が入っていたので
レニスパと丸一日お留守番もしてもらいました。
せっかく遊びにきてくれているのに悪いなぁと思ったのですが、
わたしたちも前から予定していたイベントだったのでね。


結局毎朝今か今かと郵便物を待っていたけど
木曜日の朝になって、
諸事情によりお財布は届かないということが判明しがっくり。


帰る前には、
おいしいものをご馳走しようと思っていたのに
肝心のお財布がなく
ダンナやらRiccardoやらいろんな人に迷惑をかけてしまって
兄も随分肩身が狭かったことだと思います。


シュトゥットガルトを発つのは日曜日の19時過ぎの便だったため
日曜日はいろいろ周りました。


レニスパにお別れし


090708_1.jpg


向かった先はEsslingen
中世の町並みが残る美しい町です。


090708_2.jpg


090708_3.jpg


090708_4.jpg


Esslingenでランチを食べたあとは
新しい場所でリニューアルオープンした
陶芸教室にご挨拶に伺い
新しいアトリエを案内していただきました。


前のアトリエは隣村の自然豊かな場所にありましたが、
今度はスーパーやらBIOショップが並ぶ便利な町。
アトリエには中庭もあり
寛太先生力作の囲炉裏テーブルがあって
今から教室の後の夜の部が楽しみです。


そしてこの日は2年に一度の陶器市があるとのことで
Boeblingenにある村に行ってきました。


すごい人。人。人。
クリスマスマーケット並みです。


090708_5.jpg


陶器は、最初に見た一軒だけがわたしの好みで
あとはあまり好みではなかったです。残念。


ただ、はりねずみの焼き物があり
Riccardoへのお礼のギフトが見つかってよかったです。
彼の家にはすごい数のはりねずみグッズが飾ってあったんです。
このギフトも気に入ってもらえたようで、
行った甲斐がありました。


090708_6.jpg
のっぺりとした感じのものが多かった。。。


空港の近くのカフェでお茶をして
兄を見送ってわたしたちは家路へ。
兄は経由地のフィンランドへ向かいました。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://renisupa.blog113.fc2.com/tb.php/235-7ba1d243

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。