スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィレンツェ 

やっとイタリア旅行記最終回です。
6月13日(土)&14日(日)のお話。
今回は二日分です。

------------------------------------------

お昼寝を終えてから、予約しておいたレストランに向かいました。
いや~。1時間ぐらいだったけど、疲れた体が復活。


今日のレストランも成美堂出版の「イタリア ショッピング&レストランガイド」から
魚介類のお料理がおいしそうなレストランをピックアップしたのですが、
ここも当たり!


前菜は3皿チョイスして3人でシェア。
その後、ダンナはなんとかチーズのリゾット。
兄は、ボロネーゼのショートパスタ。
わたしは、白ワインベースにトマトが入っているボンゴレのパスタ。


090707_5.jpg



090707_6.jpg
スパイキーの肉球のニホイがしたそうです。


090707_9.jpg



090707_7.jpg


これできっとお腹いっぱいになると思っていたのですが、
トスカーナといえば、ステーキ。
ということで、3人でフィレステーキを一皿シェアしました。


090707_8.jpg


この日は、立派なポルチーニ茸が入ってるとのことだったので、
トッピングでのせてもらいました。
今まで乾燥したポルチーニ茸しか食べたことなかったけど、
生ポルチーニ茸、おいしかった~。
ポルチーニ茸って大きいんですね。
カットして乾燥したのしか見たことなかったので知りませんでした。


満腹で、もうドルチェもコーヒーも入らない。
でも、レモンチェッロをすすめられ、
レモンチェッロ好きのわたしとしては
自家製聞けば断るわけにはいきません。


キンキンに冷えたレモンチェッロ、
甘くておいしかったです。


ちなみにこちらのレストランには
日本人のシェフの方がいらっしゃいましたよ。


雰囲気もサービスもよくて、お手頃価格でおすすめです。



ミラノのレストランも
このガイドブックに載っていたところに行ったんですが、
これも当たり!


このガイドブックは他のガイドブックと違っていい!
紹介されているレストランは、いいところ押さえてます。


お腹がいっぱいになったところで、
少しお散歩して腹ごなし。
6月の夏至直前だったので、日が長くて、
暮れなずむフィレンツェの町をたのしみました。


090707_10.jpg


こちらは、日が落ちてからのアルノ川とベッキオ橋。


090706_18.jpg


そして、ベッキオ宮殿。
ベッキオ宮殿の向かいにウフィッツィ美術館があります。
今回も行けなかったけど。。。


090706_13.jpg


途中ワインを買ったりして、
最終目的地のドゥオモへ。
三脚ないからブレブレの写真ばかりでした。


090706_17.jpg


090706_16.jpg


090706_15.jpg


近くで見るのもよいけど、
わたしは丘の上のミケランジェロ広場から見える
フィレンツェの町並みの中のドゥオモの方が好きかな。


こちらは、翌朝レニスパのお散歩を兼ねて撮った写真。
朝は日陰になってしまうので、
お昼以降がオススメです。


090707_1.jpg


090707_3.jpg


さて、最後に起こったトラブルとは。。。


ドイツへ戻る途中のサービスエリアでランチをしようとしたとき
兄がお財布をどこかに忘れてしまったことが判明。
ホテルに連絡したら、部屋に忘れてあったとのこと。


いろいろな人に助けてもらい、
ドイツの自宅へDXXで送ってもらう手配をしたのですが、
途中現金・クレジットカードは送ってはいけない等の問題があり
DXXのオフィスで何日も足止めをくらってしまいました。


結局お財布にあった現金はどこかで盗られてしまい、
お財布も兄の帰国には間に合わず、
経由地フィンランドでの2日間はクレジットカード無しの
ドキドキ生活を強いられることになりました。


クレジットカードが変に使われることなく、
無事手元に戻ってきただけでも感謝しなければいけませんが、
本人はショックだった様子。


今回は、高いレッスン料になりましたが、
言葉の通じない外国でお財布をなくするとどうなるか
よい勉強になりました。


わたしも気を引き締めないと。。。

コメント

フィレンツェ 食文化の中心地でもありますね
素敵な街です

ポルチーニ 大きいです
美味しいですね

お財布 大変な目に遭いましたね
でも戻ってきたとは 奇跡ですね

ryuji_s1さん:

フィレンツェはとにかく暑かったです。
夏のイタリアはキビシイですね。

ポルチーニ茸、大きくてびっくりしました。
ryuji_s1さんのレシピおいしそうなものばかりですね。
超濃厚フランス産発酵バター、よさそうですね。
今度ストラスブールに行ったら買ってこようと思います。
こちらでは、あまり有塩バターを売っていないので、
フランスに行くと有塩バターを買うお友達が多いです。

お財布は、忘れた場所がホテルの部屋だったことと
お友達の多大なるヘルプがあったのが幸いでした。
大手のチェーン系ホテルだったので、ホテルの対応は
よかったのですが、DXXにやられました。

今後は、2度、3度の確認をしなければ。。。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://renisupa.blog113.fc2.com/tb.php/232-a44aef10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。