スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レニー失踪事件。 

朝、起きるまでの15分。至福の眠りについてると、

「ママちゃん、起きてっ!レニーがいなくなっちゃったよ!!!」
と悲痛な叫びで叩き起こされた。

めったに大声を出さないダンナが、息を切らせながら叫んでいた。

訳もわからずに飛び起きて、とりあえずスキージャケットを羽織り、ニット帽をかぶって、長靴をはき、家を飛び出した。

どうやら、朝の散歩に行って、ノーリードで帰ってくる途中はぐれたらしい。
気が付いたら、スパイキーしかいなかったと。
付近を捜してもいないので、急いでうちに帰って応援を求めたらしい。

スパイキーは、足手まといになること間違いないので、とりあえず家で待機。


長靴はいてるので、全力で走ってもうまく走れない。
しかも、気がつくと雨など降ってなく、路面も乾いてるじゃないの。

でも、そんなの関係ねぇ~
ひたすら走る。

走ってると悲しくないのに、涙が流れまくる。
なんで?

長靴をはいた日本人カッポー、全力疾走で道をかけてるのって異様な光景。
「レニー、レニー!」って叫んでるし。

とりあえず、ダンナは貯水池のようなところに降りてレニーを捜索。
私は、叫びながら、行きそうな山道を探してみたり。

でも、貯水池にも山の方にもいなかった。


最後にレニーの姿を見たという地点に戻ろうとした瞬間。


なんか、エプロンつけた茶色いワンコが道の向こうでこちらの様子を伺ってるみたい。

!!!

「レニー!」と呼んでみたら

全力疾走で戻ってきた!
しっぽぶんぶん、飛びつきまわる。

なんだよ~っ。
心配させんなよう~っ。

帰りはママちゃんにぴったりヒール。
よっぽど心細かった模様。

ってことで、一件落着。


この空白の時間、レニーはいったいどこで何をしていたんだろう。。。
戻ってきたときには、足やしっぽにいっぱいくっつき虫つけてたし。

遊んでて、気が付いたらスパイキーもパパちゃんもいなくなって、探すためにどんどん山の中に入っちゃったのかな?


家に帰って温度計見たらマイナス8度。
そりゃ、涙も出るはずだ。


renee_wanted.jpg




コメント

よかったねぇぇぇ。

レニー、どこに遊びに行ってたのかな?
広くて寒いから、本格的に迷子になったら大変だね。
戻ってこられて本当によかった~。
でも、こっそりスパイキーに「今度連れて行ってあげるよ」とか言ってたりして~。

ほんとに~。

よっちゃん。:

もう、ほんとに心配させんなよ~っでした。一番心配してたのは、レニスパPだけど。

私は、もどってきて自分の格好に愕然としましたよ。

上はスキージャケット。
下はユニクロしましまパンツ@パジャマ。
靴は長靴。

かなり、いたいです。。。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://renisupa.blog113.fc2.com/tb.php/23-88c94d55

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。