スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狂犬病抗体検査 

レニスパを日本に連れて帰る準備のために
狂犬病抗体検査を受けに獣医さんに行ってきました。


帰任が決まったわけではないのですが、
何が起こるかわからない経済状況。
念のために早めに準備をしておこうということです。


レニスパは「日本から輸出された犬の輸入ケース」に該当するので、
日本で受けた抗体検査のための血液採取日から2年以内に帰国すれば
空港での係留期間が12時間以内でOKなのですが、
2年を越えてしまうと再度追加で狂犬病ワクチンを打って、
日本の農林水産大臣が指定する検査施設で血液検査を受けないと
最長180日間係留されてしまうことになります。


ま、レニスパを検疫で180日係留することはないので、
180日間(半年)は、レニスパを連れて帰国することはできないと
言い換えたほうがいいでしょう。


具体的な話をすると
例えば、主人が7月1日の辞令で、
10月1日から日本の本社勤務となったとすると
レニスパが即日検疫で最短で出国できるのが半年後の11月下旬
ということになってしまうのです。


その場合は、主人一人先に帰国することになるでしょう。むふふ。


獣医さんに行く前に、
農林水産省のWebサイトで何が必要なのか調べてみたものの
イマイチよくわかりません。(頭悪いんで。。。)


きっと日本に動物を輸出するなんて初めてのケース。
自分が理解しておかないと先生に何が必要なのかも説明できないですからね。
何度も書類を読み
いぬめしでお世話になっているKyokoさんの書かれた記事を読み
なんとなく理解したっぽい。(あくまでも、ぽいです)


必要な書類一式 x 2 &予備分 コピーして
指定検査機関もコピーして
日本から出国する際に受けた輸出検疫証明書関連をコピーして
レニスパのパスポート(ワクチン接種歴がのっている)を持って
行ってきました。


待合室で呼ばれる前に書類一式をまぁまぁ英語の話せる
アシスタントの女のコに渡したら
診察室の中で、

「ああでもない。こうでもない。」

と話している声が聞こえます。
レニスパの主治医はおばあちゃん先生で、
腕は良さそうだけど英語がほとんど通じないんです。
もう一人娘と思われる若先生がいるんですけど
彼女は英語が通じるけどあんまり得意じゃなさそう。


結局書類を渡してから30分ぐらい待って
ようやくお呼びがかかりました。


「すいませんねー。ややこしいことお願いしちゃって~」と言ったら
「ちょっとややこしいね」って笑ってました。


ここで再度レニスパのケースを時系列の表を使いながら
狂犬病ワクチンについては毎年打ってるので問題ないこと。
まだ帰国することが決まったわけではないので書類の準備は急いでいないこと。
ただし、180日の待機期間があるので検査だけは進めておきたいこと。
検査は農林水産省の指定ラボで行う必要があることを説明し
ちょうどリストにあるStuttgart郊外にある指定ラボは
そこの獣医さんで使ってるラボだったので問題ないことがわかりました。


一通り説明を終えたら血液採取。
まずはレニーから。


日本では肩とか首の辺で血液採取してましたが
ここは前脚からの採取でした。


人間と同じようにゴムで前脚を縛って
血管浮かせてからアルコールで消毒して
(毛が多いのできっちり肌まで消毒できているのかは不明)
ぶすっと針を刺しました。


レニーは血管が細いのか場所が悪かったのか
血の量が足りません。
ってことで、急遽左脚からも採取。


スパイキーは、右脚一本で十分な量が採血できました。


二頭ともいっぱいおやつをもらって大喜び。


ラボの検査代と耳クリーナー、
下痢Pになったときのお薬をもらって
〆て173ユーロざんした。


いつも帰りにドッグフードの小袋サンプルを一つずつくれるのですが
今日は950gも入った大きなドックフードいただきました。
173ユーロ払ったからね~。
お金足りてよかったです。

コメント

「日本に連れて帰る準備」とあって
驚きましたが、あくまでも下準備
なんですね、ほっとしました。
でも、レニスパが日本に帰ってしまうことを(もちろんMitsaさんご夫婦も)
考えると寂しいです~。

レニスパとも注射の際は静かに
お利口さんにしているのですね?

結構お金がかかるものですねぇ。
そんなこととはつゆ知らず、レニスパはたっぷり血液を採られていたんですね。 

Glueckさん:

そうそう。今の段階ではまだ下準備です。

ドイツ滞在が2年以上になりそうなときは、1年半の時点で血液検査したら180日の待機期間なしにスムーズに帰国できることは、日本出国時の検疫で聞いていたのですが、なにせ面倒な手続きなので延び延びになってました。

ようやくお友達も増えてきて、お気に入りのストランも増えて、生活にも慣れてきたところなので、もう少しこちらにいたいですが、どうなることやら。。。

レニスパは注射のときは大丈夫です。
レニーが耳掃除のときが逃げ回って大変です。
獣医さんに行った日は、どっと疲れがでますよ。

yoshiakeさん:

レニスパにしたら、あれだけのおやつで血採られるのは納得できないかも。。。

この検査は日本政府指定のラボで行われるので、1体分で53ユーロでした。
日本では、1体分で12,000円だったので、ドイツの方が良心的ですね。

これに書類作成や出発前の健康診断などもしないといけないので、まだまだお金がかかります。

今月は、ワンゲル係数が急上昇です。

レニスパママさんお疲れ様でした。
いやー、でもこの話題、タイムリーに私のところでも噂していました。うちは猫ですけど、私が6月に1ヶ月日本に帰るときどうしようという話になって、(Kさんの新大家さんは猫駄目っていてるらしいの)どこかにお預かりしようか、何人かで交代に世話しにこようか、とか話しているうち、「もう、日本につれて帰ろうかしら」といったら、その検疫所で係留されるよ!になって、「いっそ、そこに預かってもらって、つれて帰ればいいか」なんて、こちらは冗談半分でしたけどね。

それにしても、費用によって、お土産の大きさが違うなんて面白い。パンクちゃん、この間病院にいったけど、なにも貰わなかった。

うお先生:

おみやげは、フードメーカーから獣医さんに配られる無料のサンプルだと思いますが、今回は今までみたことのないサイズでびっくりしました。

パンクちゃん、どうしちゃったんですか?
クリームちゃんが仲間入りしてまさかストレスなんて感じてないですよね?!

うお先生のねこめしもすごいですね~。
レニスパは旅行から帰ってきてから生食への切り替えがうまくいかず(すぐにPPになってしまう)、現在はもとのカリカリに戻ってしまいました。

たまにレバークッキーは焼いてますけど。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://renisupa.blog113.fc2.com/tb.php/218-b69004e6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。