スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イースターホリディ 5日目 

イースターホリディ5日目 @ 4月14日のお話です。
---------------------------------------------


昨日プーラの郊外Verdullaの
アパートメントホテルにチェックインしたあとは
ホテルの敷地をレニスパを連れてお散歩。
目の前にはアドリア海が広がってます。


090507_3.jpg


090507_4.jpg
ずっとお天気がよかったので、夕陽もきれい


今回泊まったホテルは、
テニスコートやプール、サッカー場、ゲーセン、
お土産物屋さんにスーパーなどの商業施設と
キッチンがついたアパートタイプのヴィラと普通のホテルが
大きな敷地の中にある
ラフォーレ修善寺みたいなところでした。
オーシャンビューのお部屋も指定することができます。


SOBEが一泊70ユーロに対し、こちらは1泊30ユーロ。
安い!まぁ、割と古めでしたけど、清潔だったので問題なし。
ちなみにオーシャンビューです。


あとで分かったんですけど、
プリトビッチェのSOBEは、
クロアチアの一般的なSOBEの中では
すごい高いところだったんです。
これは車で走ってて気が付いたんですけど、
外に出てる看板の値段と比べると
そこは10倍ぐらいの値段でした。


その分、ドイツ語と簡単な英語は通じたし
朝ごはんおいしかったし
いい人達だったので良かったんですけど。
でも10倍って。。。
お父さん、外に働きに行かなくても問題ないはずだ。


ホテルの話は置いといて
この日はプーラの市内観光をすることにし、
車で旧市街まで出かけて行きました。


090418_3.jpg


プーラはローマ時代には通商の中継地としてにぎわった港町で
1世紀に建てられた円形劇場やアウグストゥス神殿などの
遺跡が数多く残っています。


090507_6.jpg


ローマのコロッセオの収容人数5万人に対し
プーラの円形劇場は2万5千人と半分の大きさですが
こちらの円形劇場はまだまだ現役で、
今でも時折オペラやコンサートなどに使用されているそうです。


090507_5.jpg


犬はNGかと思って聞いてみると
あっさりOKとのこと。
ゲートのお兄さんはどうやら犬好きで
わしゃわしゃなでてくれました。


090507_7.jpg


しばしローマ時代に想いを馳せ
のーんびり。


プーラの旧市街を散策し
スプーンレストと小さなピッチャーを購入。
お店のおばさんに
フィッシュマルクトの場所を聞いて
今日の晩ご飯のネタを仕入れに行きました。


海のそば。
キッチンつきアパートということで
今回は魚をおろすための包丁、寿司酢、
のり、わさび、おろし金持参で来たんです。
すーしーですよ。


もうすぐに閉店しそうな時間だったので、
急いでマルクトに向かい魚をチェック。


うーーーーん。
新鮮な帆立とかエビとか期待してたんですけど
置いてあるものはStuttgartでも見かけるような黒鯛とかあさりとかタコとか。
エビもそんなに新鮮ではなく
イマイチ心惹かれる魚がいません。


そこでレニスパと外で待っているダンナとバトンタッチ。
一応どの店が新鮮そうだったか、
どんなものがあるかを伝え任せることに。


結局買ったのはStuttgartでも購入可能な黒鯛。
これが一番新鮮だったんです。
Stuttgartではさすがにお刺身レベルではないですが
ここのはお刺身でいけそう。


090507_8.jpg


あとは外に出ている野菜と果物のお店で
ネギやたまねぎ、イチゴにぶどうを購入してお買い物は終了。


おなかの減りがMaxにきていたので
すぐ目の前にあったドゥナーケバブのテラスへGo。
結構好きなんです。チキンのケバブ。
ドイツ式サンドイッチに比べると野菜は豊富だし。
その割に安いし。


ただし、わたしたちの住んでる村にはありません。。。
たいていドイツの村にはどこにでもあるので
ドゥナーがないというとびっくりされるぐらいの田舎です。


ケバブでおなかを満たしたら
お魚がいたんでしまわないうちにホテルに戻ることに。
でも、その前に鯛茶漬け用に生姜を買わないとってことで
ドイツにもある大型スーパー、マルクトカウフホフに向かいました。


うろうろ野菜売り場を探したけど見つからない。
でも秤には「しょうが」のイラストがついていたので売っているはず。
手に「しょうが」という意味のクロアチア語をボールペンで書いて
お店の人に手を見せながら「これ、探してるんだけど。。。」って聞きました。
でもね、「ない」って。


しょうがないので、すぐ先にあるリドルへ。
リドルでも見当たらないので、店員さんに聞きましたが
「ない」とのこと。


しょうがって通年で出てるものじゃないの???
でも、確かにマーケットでも見かけなかった。
腑に落ちないけど無いものはしょうがない。(だじゃれではないです)


ホテルに戻ってばんごはん。
-鯛の刺身。
-たたき。
-あらのトマトスープ。
-ごはん


スープがあまったので翌日リゾットにして食べたら
結構いけました。
ちょっと部屋の中が魚くさかったのはいただけないけど。


明日はイストラ半島をちょっと北上し、
ポレチュとロヴィニィに向かいます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://renisupa.blog113.fc2.com/tb.php/213-8fb50318

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。