スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イースターホリディ 3日目 

ベネツィアを16時に出発し、
途中スロベニアを通過し
2泊目のSOBE(民宿)のあるプリトビッチェに到着したのは
なんと夜の21:30
結構かかりましたねぇ~。


ベネツィアでがっつりランチを食べたので
おなかもそんなにすいていないので
晩ごはんをスキップしてSOBEを目指しました。
民宿なので、チェック・インの時間が実は20時までだったんです。
途中で明らかに20時には到着できないと見て
遅れる旨連絡を入れたところ
とっても感じよく、
「時間のことは気にしないでゆっくり安全運転でいらっしゃい」
とのことだったのでホッ。


SOBEに到着したら一家総出で歓迎していただきました。
レニスパは大興奮でお宅拝見させてもらい
呼んでもなかなか戻ってこない。


SOBEは1F が宿泊客用に3部屋それぞれシャワー・トイレ付きで、
2、3階が家族のスペースになっています。
わたしたちはトリプルの部屋をお願いしていたので広々。
すでに他のゲストは到着時にはお休みの様子でした。
みなさん次の日はプリトビッチェ湖群国立公園に行かれるとのこと。
うちも早々に休むことにしました。


さてさて、お宿の話はこの辺にして、
3日目に行った国立公園のお話を。
プリトビッチェ湖群国立公園は、
大小16の湖と92ヶ所の滝を持つ国立公園で
1979年にユネスコ世界遺産に登録されました。
公園内は広いので移動するためにバスや遊覧船があります。


宿のお父さんから、
「少なくとも6時間は公園内に滞在することになるから早めに出たほうがいいよ」
と言われた通りでした。


マイナスイオン浴びまくって、リラックスしてきました。
まぁ、写真見てください!


090425_1.jpg


090425_2.jpg


090425_5.jpg


090425_7.jpg


090425_6.jpg


090425_3.jpg


090425_4.jpg


090425_9.jpg


090425_8.jpg


歩き疲れて、スパもぐったりです。
暑かったしね~。
宿のお父さんに言われたとおり、
6時間は余裕で過ぎてました。


とにかくきれいで湖だけでなく、至る所に滝があるので
6時間いてもまったく飽きない。
カナディアンロッキーのレーク・ルイーズやマリン・レークも良かったけど
ここもかなーりおすすめです。


こちらは、ダンナの撮ったお気に入りショット。
デジイチで撮るとやっぱり違いますね~。


090425_10.jpg


090425_11.jpg


090425_12.jpg


090425_14.jpg


090425_13.jpg


あと1週間遅ければ、
もっと新緑がきれいだったかも知れませんが
木に葉が茂っていなかった分
湖の美しさを堪能できたかも知れません。
夏はすんごーい混むらしいです。


夕方宿に帰ってから、
他のゲスト夫婦2組とSOBEの親子とで
庭でおしゃべりタイム。


晩ご飯は、マルコというレストランで
同じ宿に泊まっているイタリア在住の
アメリカ人夫婦とご一緒させていただきました。


ご主人はイタリア空軍に技術協力で来られているそうですが、
イタリア人の働きっぷりについて
面白おかしく話ていただき楽しかったです。
まぁ、あれですね。
イタリアは有事のときには壊滅してそうな感じでした。


プリトビッチェの宿にもう一泊し、
翌朝イストラ半島のPulaを目指します。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://renisupa.blog113.fc2.com/tb.php/210-6ba9403f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。