スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4 Jahre! 

今日は、レニスパの4回目の誕生日。
何より元気に誕生日を迎えられたことに感謝している。


renisupa_birthday.jpg
パパちゃん特製のワンコ用スコーンでお祝い


思い起こせば、スパイキーは、7ヶ月のときに右ほほに腫瘍ができ、手術。
そのときは、まだ若いし、悪性の腫瘍ができるなんて考えてもいなかったので、念のため取って、検査に出しましょうっていうものだった。まずは注射針でさして組織をとって検査しようとしたけど、検査できるだけの組織がとれなかったので、切除ということになった。


腫瘍を完全に除去するには、ほほの骨を削らないといけないっていわれたんだけど、とりあえず骨を削らずになんとか取れるだけ取ってもらって組織検査に出した。


kunkun.jpg



結果は想像もしなかった悪性の腫瘍だった。
将来的に同じ場所に繰り返し発症する可能性が高い腫瘍らしい。



Wait.jpg



そのときは、もうすぐにいなくなっちゃうんじゃないかと涙を流す日が続いたけど、今のところ傷口周辺が腫れたりすることもなく、今日まで特に大きな病気をすることもなく元気に過ごしている。術後はせっかくのイケメンが、明日のジョーのように痛々しくって台無しだったけど。


ま、今じゃ傷跡も全然わからない。イケメンスパイキー復活。



Next_one.jpg



一方のレニーは、ようやくオビの訓練が終わり(中途半端だけど)、なんとかアジリティークラスに上がれたと思った途端、前足をびっこひきはじめた。1才2ヶ月ぐらいだったかな。いつも通っている獣医さんは、成長痛との診断で、とりあえず薬を出すので排泄散歩ぐらいにして様子を見ましょうとのことだった。でも、しばらく様子を見ても良くなる気配なし。1才2ヶ月を過ぎての成長痛はあまりないとの声も聞き、セカンドオピニオンとして、訓練所のワンコたちが通う横須賀の獣医さんへ。忘れもしない、初めて一人で高速を運転したあの日。きっとレニーも怖かったはず。一番怖かったのは、この私だけど。横横の車線変更するタイミングが遅く、もうちょっとで羽田に行っちゃうとこだったし。あのときは、間に入れてくれたトラックの運ちゃんに感謝したものだ。



3_left.jpg




その獣医さんの診断は、間接の軟骨の表面が通常スムースであるべきところ、レニーの軟骨は表面がガタガタしていて、それが曲げるときにひっかかって痛みを生じるとのこと。まだ1才2ヶ月だし、手術して治るものなら治してあげたいと思った。手術は、日大付属の動物病院を紹介された。


1_left.jpg



藤沢までまたまた心もとない私の運転でレニーを連れてった。
ドキドキしながら結果を聞きに行くと、詳しく症状を説明してくれた。
基本的に、横須賀の獣医さんと同じ診断。但し、手術は不要とのこと。ワンコの関節形成不全の場合、手術してよくなる確率はそれほど高くなく、手術しても変わらない場合もままあるとのこと。この先は、関節によいグルコサミンやらコンドロイチン、緑イガイエキスなどを摂取して肘の曲げ伸ばしがスムーズにいくようにしてあげるにと。


no_more.jpg
あっというまに完食。


さっそく獣医さんに言われたように、コンドロイチンとグルコサミンの入ったアースリスージのタブレットを食事に混ぜてあげるようにしたら、1週間もしないうちにレニーがびっこをひかなくなった。


serching1.jpg
探してももうないですから。



すごいぞ!グルコサミン!!
ブラボー、コンドロイチン!!


3ヶ月ぐらいびっこひいてたのが嘘のよう。
それ以来、もうびっこはひかなくなった。


今でも全く問題なし。
毎朝ボール遊び&山歩きにいそしんでおります。


このまま健康に楽しく過ごしたいものです。
健康が一番だよね。
言うこと聞かなくてもね。。。(言い聞かしてる?!)


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。