スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯医者 in ドイツ その2 

今日、さっそく取れてしまった奥歯の詰め物を持って
歯医者に行ってきました。
今回は、詰め物をつめて歯石のクリーニングの予定です。


今日もたいして待たされることなくすんなりと治療室へ案内され
詰め物を先生に渡してチェックしてもらい
取れたものを再度くっつければ問題ないとのこと。


くっつけた後はコットンをかみ締めること10分。
雑誌を持ってきていたので退屈することなく終了。
クリーニングの先生は違う先生が担当とのことだったから
部屋移動するのかなと思いながら
くっつけたあとのはみ出たセメントを削ってもらって
かみ合わせのチェックをしたら


先生: 「今日はこれで終了です。クリーニングはまたアポをとってね。」 
     「クリーニングは別の先生が担当だから」
わたし:「え?前回、詰め物とクリーニングは1回で済ませるっていいましたよね?」
先生: 「でもわたしはこれから他の患者さんの治療をしないといけないし、
      クリーニングの先生も今日は予約でいっぱいだから。」
わたし: 「わたしは、ここに来るのに車で30分もかかるんです。」
先生:  「ごめんなさい。でも今日は無理だから。
      あなたがクリーニングしてほしければ
      新しいアポをとってください。」
わたし: 「そうですか。わかりました。」


でたよ~。
やっぱり一筋縄ではいかないですよね。ドイツですから。
ただ、自分の責任にもかかわらず、しらーっと新しいアポとってという図々しさはさすが。
そして相手に強引に選択を委ねる。
クリーニングしたいからアポとったんだっつうの!!
でも、ここは謝るだけましでした。


これでまた来週往復90km、1時間の旅が待っています。
ふーっ、アウトバーンの運転は疲れるのです。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://renisupa.blog113.fc2.com/tb.php/196-82eb6d0e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。