スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陶芸教室 in Freiburg 

今月の陶芸教室はFreiburgのKoko先生のアトリエで行われました。
寒くて風は強いけど、太陽は出ているのでドライブ日和です。
青空の下2時間でFreiburg到着。
今回はレニスパも一緒です。


先生のアトリエに行く前に、
前にFreiburgに来たときに気になっていた靴屋さんをチェック。
FreiburgはStuttgartと違ってお手頃価格のセレクトショップが多く
おしゃれな店もStuttgartに比べてある感じ。
特に靴屋さんがそう。


多分気になっていた靴屋さんだと思われるお店で靴をチェック。
(Ulm、Regensburgと小道の雰囲気が似ていて
 はっきり言ってもうどのお店がどこにあったんだかわからなくなってます)


今回はわたしの気に入ったのはサイズがなかったので買わず
靴屋に付き合ってもらったAちゃんがブーツを購入。
付き合ってもらった甲斐があってよかった。


Freiburgの大聖堂はすぐそこなのにもかかわらず
今回は靴屋で時間切れ。
スルーさせていただきました。
(Freiburgで一番の見所なのに。。。)


でもおなかがすいたので
お総菜屋さんでしっかりミートローフサンドはゲットし
お行儀が悪いけど食べながら駐車場まで移動。
レニスパはサンドに釘付けで
すれ違う人から失笑を買ってます。


いつも夜の部(宴会)のみの参加でしたが、
今回の陶芸教室ではダンナも陶芸に初挑戦。
湯飲みからトランスフォームして最終的にはビアマグになってました。
ま、ありがちですね。


わたしは先生の型を使わせてもらって
ちょっと大きめの楕円の銘々皿を量産。
今回も黒土です。


陶芸教室のあとはお楽しみの夜の部。
今回も先生がご馳走を準備してくださってました。
揚げ茄子のにんにくソース和え、美味しかった~。


今回はバイオリンのレッスンのあと
夜の部に参加のAちゃんのプチコンサートがありました。
酔っ払いの大人たちにお願いされて
ビゼーのカルメンを演奏してくれました。


0322_2.jpg


音あわせのときは小学校5年生のあどけない雰囲気ですが
演奏に入ると一気に空気が変わりました。


0322_1.jpg


姿勢も、顔つきも、きりっとして
ギャラリーを引き込んでいきます。


0322_4.jpg
若干一名クラッシックに似合わない酔っ払いが。。。奥の方に見えるような~(爆)


もう、Aちゃんすごいっ!!
おばちゃんは感動しました。


バイオリンなんて高尚な楽器、こんな近くで生で聴いたことなかったのですが
いやぁ~、びっくりしました。
大人顔負けです。
先がすご~く楽しみです。


本人のモチベーションと家族の協力があってなんですけど、
好きなことを続ける力ってすごいなぁ~と思った一日でした。
純粋に感動しました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://renisupa.blog113.fc2.com/tb.php/192-c90b657c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。