スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リヒテンシュタイン散策 

3日目は、朝から雪が深々と降ってました。
前日の筋肉痛がピークのためこの日は滑るのはパス。
パウダーからコースに戻ったときのギャップに気付かず
頭から着地したので首が痛いし。(ほんとヘルメット重要です!)


朝はゆっくりご飯たべてお風呂に入り
下のお土産物屋さんをチェックして
11時ごろチェックアウトしてリヒテンシュタインを観光することに。


20090225_6.jpg
初日にDavosで買ったタルト。おいしかった~。


20090225_5.jpg
モンブランも甘すぎずに大変おいしゅうございました。


お土産物屋さんで、中国人の団体さんが
急にガヤガヤやってきて、
ガヤガヤ言って、嵐のように去っていった。
どこに行ってもすごいパワーだ。


それにしてもなぜにここへ?
ホテルのお姉さん曰く、
チューリッヒの旅行会社がアレンジしてるツアーらしく
団体でバスで乗り付けてお土産物屋さんをはしごし
ダーッと去っていくらしい。


中国でもハイジって人気なのかな?
それならマイエンフェルトに寄って
リヒテンシュタインコースというのは分かる気がする。
それともやっぱり金融の国だから?


去年マイエンフェルトに行ったときも
バスで乗り付けてる日本人団体旅行さんいっぱい見かけたし。
さすがに年齢層が私たちぐらいから上ですが(笑)。
やっぱりハイジっていつまでも心に残ってるもんね~。


マイエンフェルトの町を見てると、
あぁ、ここ!っていうとこ結構あるし。
わたしはマイエンフェルトに行ったあと、
これ、買っちゃいました。
DVDセットと一緒に。
そして何度見ても涙してしまう。。。


ハイジに会いたい!―物語の背景とスイスアルプスへの旅ハイジに会いたい!―物語の背景とスイスアルプスへの旅
(2006/07)
純丘 曜彰純丘 路子

商品詳細を見る



さてさて、話を元に戻してと。
この日向かったのは、リヒテンシュタインにあるスキー場Malbun。
Malbunは侯家の招きで日本の皇太子殿下がスキーをされたところらしい。(地球の歩き方より)


20090225_9.jpg
リフトはクワッドが3本にTバーが1本。


20090225_2.jpg
冬ハイキングコースの脇にあった教会


20090225_3.jpg
ここはそりもOKなコースらしい。


20090225_4.jpg
いつも取り合いして勝つのはレニー


20090225_7.jpg
雪質もパフパフパウダ~。こんな雪見ると、足痛いけど滑りたくなりました。


きっと小さいスキー場なんだろうなと思ってあまり期待してなかったけど
想像していたより大きかったし(リフトも新しい感じ)、村の雰囲気もよかった。
ロッジとスキー場が隣接していて
日本でよく行ってた山牧のような感じでいい!
川も近くに流れていて
これは夏にMTB持ってきても楽しめそうです。
日本から持ってきたキャンプグッズも役に立ちそうな予感。


20090225_1.jpg
ロッジまではスキーで滑り降りれます。


20090225_8.jpg
こんな山の家が日本に帰ったら欲しいな~。


家からリヒテンシュタインまで車で2時間ちょっと。
スイスとオーストリアの高速代は若干かかるけど、
渋滞はないし、人が少ないし、とっても気に入りました。
これから、ちょこちょこ遊びにきそうな感じです。


20090225_10.jpg
この切り立った岩山がリヒテンシュタインの証。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://renisupa.blog113.fc2.com/tb.php/184-bb2f818a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。