スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひさびさのロンドン 

ひさびさのロンドン、大満足の旅でした。
直前にイギリス在住のお友達と連絡がとれ、
金曜日も日曜日も時間を作ってもらって会うことができて
だんがんの日本語によるGirls Talk。すごいたのしかった~。


ロンドンには何回か来たことはあったのですが、
いずれも仕事の合間の週末ににちょっと観光程度だったことと
いつも当時駐在していたお友達に案内してもらっていたので
本当に自分の足で歩いてきたというのは今回が初めて。
最後に行ったのは、確か2002年の夏かな。
もうかなり前になりますね
でも、London Eyeには乗ったんですよ。


お友達に連れて行ってもらうと任せっきりになってしまい
イマイチ位置関係を理解してなかったりしましたが、
今回は、何度も地図をガン見してたのでもうかなり大丈夫です。
(たまに反対方向に向かって歩いてたりしましたが。。。)
あ、でもSOHOあたりはお任せしてたのでダメですけど。


今回の旅行でやりたかったことは、
-大英博物館見学
-おいしいアフタヌーン・ティー
-おいしい飲茶
-ショッピング
-町をぶらぶら
-お友達に会う(突然決めた旅行だったのでほぼあきらめてました)


ぜーんぶ達成してきました。

大英博物館に行って、ロゼッタストーン見てきたし。
もう古代エジプトとかギリシャとか
世界史の教科書の初めの方のページが好きな人にはたまりませんね。
すっごいワクワクものでいっぱい写真撮ってきました。


090203_1.jpg
こちらが大英博物館


090203_2.jpg
ロゼッタストーン


印象派の絵が好きならCourtauld Galleriesがいいよと
お友達におすすめされていたのでそこに行ってみたかったんですけど、
日曜日があいてるかどうかビミョウだったのでナショナルギャラリーに行ってみました。


090203_10.jpg
ナショナルギャラリー。旧正月のイベントやってました。


ここも13世紀~20世紀までのすっごい有名どころの絵画が勢ぞろい。
しかもすごい近い距離で見れるんで、
筆の動きとか今まで気にしなかった細かいところまで見れました。


大英博物館もナショナルギャラリーも知名度の高いものを置いていながら
ルーブルやオルセーみたいに広くないのですごいいい感じ。
疲れないし集中して見れました。


あと、ここは、寄付(2~3ポンド程度)で入館料いくらと設定してないところも
とっても良心的な感じです。なんか懐が深いわ。
それに比べて日本て結構入館料とりますよね。
パリもロンドンもさすが芸術の町だなと思いました。
今回はちょっとバタバタしてたので、またゆっくり来たいと思います。


飲茶は二回行ったし、そのうちの一回は超当たり。(超って古い?)
アフタヌーン・ティーも素敵なホテルのラウンジでのんびりできて大満足。


090203_3.jpg
クロテッドクリーム最高!


ショッピングは、セールはほとんど終わってた感じですが、
そんな中でも自分の気に入ったものをオフプライスで買えたし。
とくに、South KensingtonのFulham RoadからBrompton Roadを通って
Harrodsに向かう途中にあるお店はわたしの好きなお店がいっぱいでよかったです。


090203_5.jpg
ハロッズはすごい電飾できらびやか


090203_4.jpg
ノッティングヒル。ジョージア様式の建物が美しかった。


090203_6.jpg
ビッグベン


090203_7.jpg
ロンドンアイ


090203_8.jpg
ウエストミンスター教会



090203_12.jpg
ピカデリーサーカスのエロスの像。渋谷のハチ公前みたいな待ち合わせスポットだそうです。


唯一の心残りはThe Conran Shopによるのをすっかり忘れてたこと。
Michelein Houseの中にあるんですけど、
そのMichelein Houseの建物がタイル張りでめちゃくちゃ可愛かった。
お花やさんもチェックしたかったのに、マーガレットハウウェルに気をとられてしまって。。。


会えないだろうなとあきらめてたお友達にも2日間も会えたし。
3日間だったけど相当濃い旅で、ロンドンを満喫してきました。


イギリスの食べ物は「高くてまずい」で、チャイニーズかインド料理と決まっていましたが、
Stuttgartより全然いい。かなりレベル上がってました。
ドイツ暮らしでわたしの味覚下がった?!


といっても、食べたのは結局チャイニーズと日本料理でしたが、すごい美味しかったし。
まぁ、これが1ポンド250円だとそうも言ってられないかもしれないけど。。。
イギリス行くならポンド安の今がとってもお得ですよ。


おすすめの飲茶レストラン
<YAUATCHA> 
15 Broadwick Street,
London, W1F 0DL
Tel: 02074948888

#一日中飲茶がいただけます。デザートのケーキ類もおいしそうでした。


おすすめのアフタヌーンティー
Brown's English Tea Room
Brown's Hotel
Albemarle Street
Mayfair
London W1S 4BP
Tel: +44 (0)20 7493 6020

#ただし、ケーキは甘すぎて、一つ食べてGive up。

コメント

弾丸ガールズトークとっても楽しかったです。むふ。今度お勧めのSouthKensingtonのあたりを散策して見ようと思いますー。お会いできてよかったです!ありがとうございました!

Oni-san:

急なお誘いにもかかわらず、2日間もおつきあいいただきありがとうございました!ほんと、楽しかったです~。
飲茶もおいしかったしぃ~。
昨日ドイツ語レッスンのあとに中華食べて帰ったんですけど、もうがっかりでした。

次回は、ぜひぜひBさんとドイツに遊びに来てくださいね。お待ちしてます!

文章からもあれもこれも実行できて
楽しかった~!!ということが
伝わって来ますよ!
ロンドンは2日ほどの滞在で
2度ほど行きましたが
まだまだ見切れていないので
また行きたい、という火がこちらの
記事で再燃しました。

Glueckさん:

今回はかなり楽しかったです。
急に決めたので事前調査が不十分なところもあったんですが、そこはお友達がフォローしてくれて助かりました。

飲茶もすごいおいしかったし。ほんと、ここはおすすめです。
大英博物館で片口の器見て、感心したり。

イギリス行くなら今がチャンスですよね~。

わたしはGlueckさんのブログ見て、ボードに行きたくなりましたよ。

いいな~

私、UKはイギリスを含め行った事がないのです。超うらやましい!しかも、アフタヌーンティー!アメリカに来てから、アフタヌーンティーに出会えなくて、とっても憧れちゃう。日本にいた時も、それこそカナダのビクトリアではよくみかけたのに、今すんでいるところはニューイングランドとは言うものの、イギリスのカルチャーがそれほど濃いわけでもないんだよね。ヨーロッパはやっぱり素敵だわ。

Cakeちゃん:

アフタヌーンティーよかったよぉ~。
わたしもカナダ時代、ビクトリアのEmpress Hotelに行ったわよ。でも、いつもアフタヌーンティーよりもSunday Blunchっていうバッフェに行ってたけど。お寿司も食べれてほかのものも美味しかったからついつい。。。

Whistlerに行く前、VancouverのMurchie'sって紅茶屋さんで働いてたの。確かEmpressのアフタヌーンティーの紅茶はMurchie'sだったはず。なつかしい。。。

東海岸ってイギリスっぽい雰囲気漂ってる気がするけど、カナダに比べてもっとマルチナショナル&マルチカルチュアルだから新しいものにシフトしていくのかな。

今回は、ポンド安のおかげてチェコに行ったときよりお得感があってよかったよ。おすすめです!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://renisupa.blog113.fc2.com/tb.php/173-565a7e0e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。