スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陶芸 

今年作った作品が出来上がったとのことで、
受け取りに行ってきました。


こちらは、クリスマスプレゼントとして各自自由テーマで制作したもの。
わたしは黒土でエスプレッソカップとソーサーのセットを作りました。
エスプレッソカップにしては、ビミョウに大きく
コーヒーカップとしては、ビミョウに小さいという
ちょっと困っちゃった出来上がりサイズでした。


「焼くと20%ぐらい小さくなる」ということを想定して作ったのですが、
これは黒土。水分含有量が少ない分、収縮が少ないそうです。
初心者なので、しょうがないですね。
でも、出来上がりはとっても気に入ってるんです。


20081216_1.jpg


こちらのテーマは「象嵌」。白土と赤土で2枚作りました。
教室の窓ガラスにからまる蔦の葉が太陽の光を受けてきらきらと
あまりにきれいだったので、蔦の葉を埋め込みました。
(全然デザインを考えていかないので行き当たりばったり。)


4枚の葉はそれぞれ若干グラデーションをつけているのですが、
透明釉と思ってかけた釉薬が白釉だったそうで
白土で作ったお皿の方のグラデーションはイマイチわかりづらいかも。
でも赤土の方は、白釉が霞のようにかかってきれい。


20081216_2.jpg


そして、こちらのテーマは「織部」。
大皿を作られる方が多かったのですが、
わたしは5枚組みの菓子皿っぽいものを作ってみました。


釉薬だけだと淋しい感じだったので、
絵心のないわたしですが、がんばってそれぞれに違う絵を描いてみました。
ちなみにこのコが一番のお気に入りです。


20081216_4.jpg


ぼてっとした感じというかのほほんとした感じが結構好みかも。
山っぽく適当に描いた線に織部釉がいい感じにかかったので良かったです。


2回目のレッスンで作った掘り出しの作品とをセットで使えればと思ってたんですけど、
大きさと釉薬の色味がまたビミョウな感じです。


20081216_5.jpg


掘り出し作品は、盛鉢としては小さすぎる感じなので、
花器として使ったほうがよさそうです。


20081216_6.jpg


もちろんこれらの作品は、仕上がりに先生のマジックハンドがあってからこそ。
そして先生方は褒め上手。
来年も褒めて伸ばしてください(笑)。よろしくお願いします。


陶芸教室を通じていろんな方との出会いがあり、
おしゃべりやものづくりの楽しさ
それから教室の合間のおいしいランチや宴会も
わたしのどんよりとしたドイツ生活に光を差し込んでくれたんですよ~。


寛太先生、恒子先生ありがとうございました。
来年もよろしくお願いしま~す!


コメント

おおお、とっても素敵な作品ばかり!!私も遠いながらも陶芸に通い続け楽しい交友関係が広げられ、とても良い気分転換になりました。

もっとMitsaご夫婦&レニスパの近くに住んでいればしょっしゅう押しかけるのになあ・・。
来年もどうぞ宜しく!

Glueckさん:

陶芸教室を初め、お食事会等いろいろ仲良くしていただいてありがとうございました。たくさんStuttgart情報教えてもらってとっても助かりました!

ほんとお引越し前なら近かったのに残念。うちにもたこやきプレートあるし~。ちなみにうちはガス式です。

あ、今度の陶芸新年会でたこ焼きいいかも。また近々お会いできるのを楽しみにしてます。
こちらこそ、来年もよろしくお願いします♪

ご無沙汰しています。今年も残すところ後少しですね。陶芸作品、どれも本当に素敵です。色々参考になります。来年もよろしくお願いします。うふ。

oniさん:

こちらこそご無沙汰してます。
陶芸は、やり始めるとはまります。出来の良し悪しはおいといてですが。
oniさんも絶対はまると思いますよ。

来年こそ、ヨーロッパのどこかでお会いしたいです!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://renisupa.blog113.fc2.com/tb.php/157-f96863ba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。