スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にっくきアイツ 

6月の下旬から夏にかけて
うちの周りにはにっくきブレムゼー(発音も表記も間違ってるかも)という
小さい虻が大量発生します。
その代わり蚊はいないんですが。


大きさは、日本の虻より小さくて
大きいハエサイズ。
でも、かまれるとすごく痒い。
ブヨにかまれたみたいに腫れて、
かゆみが何日も続くんです。


あ、ブヨって今調べたら、正式名称はブユなんですね~。
知らなかった。。。
ちなみにわたしの田舎(兵庫県北部)では、ブトといいます。


なので、お散歩のときは必ず長袖着用。
3日前のお散歩は、ウインドブレーカーを着て行ったら
手の甲をかまれてしまいました。


帽子、長袖、ジーンズ、靴下、スニーカーという格好なので
わずかに肌が出ている手の甲ですよ。
すごいヤツです。
この格好のときは、首も狙われやすいです。
耳の上の頭皮もかまれたことがあります。
とにかく、虻のくせにすごい狡猾なんです。


昨日は寝てすぐに
足の裏の土踏まずの柔らかいところを
かまれました。
ふくらはぎとか足首にしてくれればいいものを
よりによって、土踏まずですよ。


あまりの痒さに眠気はふっとび、
枕元にあったウナコーワを塗ってもダメ。
ムヒを塗ってもまだなんか痒い。


夕方のお散歩のときにマイクに教えてもらった
薬草を一本持って帰ってきていたので
それをマイクがやったようにすりすりしてみました。


とにかく効きそうなものをすべてやってベッドに戻り、
眠れないときの特効薬 『ドイツ語テキスト』 を開くと
すぐに眠気に教われ、朝までぐっすり。
っていうか、珍しくなかなか起きれなかったです。


今はかゆみはおさまっていますが、
これがいつぶり返すかわからない。
もしぶりかえさなかったら、
薬草が効いたんだと思います。
今までは何を塗ってもかゆみはぶり返していたので。


ただ、あの草、ワンコがちっこするあたりに生えてたのが
ちょっと気になります。


090720_1.jpg
りんごの実がだんだん大きくなってきました。


スポンサーサイト

油断大敵 

最近のレニスパのお散歩は、
ダンナが休みの日に行くときは
たいてい途中、川に入って、
ばちゃばちゃ半身浴して
帰ってくるというパターンが定着しつつあります。


でも濡れて欲しくない日もあるじゃないですか。
たとえば、お散歩から帰ったらすぐにでかける予定があるとか。
この日は、まさにそれで、すぐに出かける予定だったんです。


だから、行きに川に下りるポイントのところでは
川に入っていかないようにすごく注意してました。
レバークッキーでつりながら。。。


090720_2.jpg
レニーはもうもらったので、知らん顔


なのに、帰りはダンナと話ながら歩いていたら
気がついたときには、レニスパともにすでに川の中。


090720_3.jpg
なーんですか~?!


川に入ったらテンション上がりまくって
(なんで犬って濡れるとあんなにテンション上がるんでしょうね。。。)
しばらく追いかけっこをし


090720_4.jpg
スパの足が。。。


また川の中へ。


090720_5.jpg


これを3回ほど繰り返して
気が済んだところでおしまい。


今日は濡らさないはずだったのに~。

トレーニング 

先日のブログでちょっと触れた
Stelvio Passの件ですが
今年の夏休みにチャレンジ決定となりました。


きっとダンナがツール・ド・フランスに影響されたんだと思います。
結構無茶だと思います。


今朝、レニスパのお散歩に行くときに鍵がないことに気付き、
あわててゴルフ場に電話して、受付で保管してもらいました。
昨日は、所属するゴルフクラブで
ポルシェカップという大きなコンペ&パーティがあったんですが、
その後帰るときにロッカーから荷物を出して
さしっぱなしで帰ってしまったようです。
兄の忘れ物の経験が生かされてないですね~。


せっかく行くなら、トレーニングを兼ねて
マウンテンバイクで行こうということになり、
山の上のゴルフ場まで行ってきました。


090721_3.jpg


090721_2.jpg


090721_1.jpg


090721_4.jpg


18度はねぇ、かなりキツイ上りでした。
でも、一度も下りずにこぎ続けました。


わたしは思っていた以上に走れて
ちょっと安心したのですが、
問題は相方。
彼はちょっと心配になったようです。。。
Stelvio Passは、標高1000mぐらいから2700mぐらい上りますからね。
斜度はそんなにきつくなさそうなんですが。。。


こちらが、今回の走行データ。


090721_5.jpg


出発したあと、7.5km過ぎまでフラットになっているのは、
何かの拍子に電源を切ってしまっていたみたいです。
本来ならば、16km~34kmまでと
ほぼ相似形のグラフになるはずなのですが。


全体で約34kmぐらい走り
標高差は300mないので、
思ったほど差がなかったですね。
でも18度の傾斜はキツかった。。。


そうそう。このデータは、クロカンのときにもってたGPSデバイスが
こんなことにも使えるのです。


このツーリングの後、
ダンナは、心拍数をとるための
胸に巻きつけるベルトを買ってました。
レニスパの心拍数もちゃんととれましたよ。

ゴルフ生活 

ここのところ、ダンナと二人でゴルフにはまってます。
去年までは、せっかくメンバーになっていても
ごくたまにしかラウンドしていなかったんですが、
今年はすごいハイペースでラウンドしていて
コンペにも積極的に参加させてもらっています。


090719_1.jpg
こちらは、ポルシェカップの日のクラブハウス前


大きなコンペの後にはパーティーがあって
そのパーティーがとにかくすごく楽しいんです。



090719_3.jpg
ブラジリアンダンサーとダンス中のStefan。超かわいい~。


090719_4.jpg
目が釘付けになった激しいショータイム


一応フォーマルなパーティーなので
ドイツではほとんど着ることのなかった洋服を引っ張り出して
ちょっぴりおしゃれして参加します。


090719_2.jpg


一緒にラウンドしたり、
ディナーで同じテーブルになった人たちと仲良くなって
次にゴルフ場であったときには
ハグ&キスでご挨拶。
ドイツでこんな挨拶をすることは今までありませんでした。


090719_6.jpg
日によってバンドが入ったり、ダンサーが入ったり、コメディアンが来たり。この日はコメディアンでした。


090719_7.jpg
ジャパンカップで同じテーブルに座ったHerbertに箸の使い方特訓中。


去年はドイツ語もゴルフもダメで
コンペに誘われても、
敷居が高くて参加する気が起きませんでした。
それに休みには観光に出かけていたのでね。


今年は、クラブで一緒の日本人のMさんとSさんに誘っていただき、
毎週木曜日の午後のレディース・ディに参加するようになったら
もう楽しい楽しい。
あ、ゴルフの方は相変わらずダメダメなんですけどね。


090719_8.jpg


ちなみにダンナは3つのコンペで入賞していて
かなり調子づいてます。


090719_5.jpg
入賞者による記念撮影。わたしも一度ぐらい撮影されたい。。。


ほとんどの人がわたしより年齢上で、
母親と同じような年齢の人もちらほら。
なので、娘とか、妹のように接してもらっています。


それもこれも、こちらのクラブに
長年所属されている日本人の方達が
みなさんとてもよい方たちで
すっごくドイツ人のメンバーの方に信頼されているんです。
ジャパンカップという大きなコンペもあるぐらい。
そのおかげで、わたしたちもみなさんに
とっても親切にしてもらっていてありがたい限りです。


わたしがアヤシイドイツ語を使ってしゃべっていると
間違ってる表現は、こうゆうのよって直してもらえるし
ドイツ語レッスンも兼ねて一石二鳥です。


今年は、シーズン終わりまでゴルフ&アフターゴルフを
楽しみたいと思っています。

翌週は。 

イタリアから帰ってきた翌週(6/15の週)は
お財布が届く予定だったので
DXXの配送のある午前中は家で待機し
午後ゆっくりめに出かけるようにしてました。
わたしは、仕事も結構忙しかったし。


夕方からゴルフに行ったり、
去年兄が来たときには未開拓だったイベリコ豚の買えるお店に行って
BBQの食材やお土産のクッキーやら買ったり、
今年新たにオープンしたポルシェ博物館に行ったりして(兄だけ)
のんびり過ごしました。


夕方のレニスパのお散歩は
兄が担当してくれたので
とっても助かりました。


土曜日はゴルフのコンペの予定が入っていたので
レニスパと丸一日お留守番もしてもらいました。
せっかく遊びにきてくれているのに悪いなぁと思ったのですが、
わたしたちも前から予定していたイベントだったのでね。


結局毎朝今か今かと郵便物を待っていたけど
木曜日の朝になって、
諸事情によりお財布は届かないということが判明しがっくり。


帰る前には、
おいしいものをご馳走しようと思っていたのに
肝心のお財布がなく
ダンナやらRiccardoやらいろんな人に迷惑をかけてしまって
兄も随分肩身が狭かったことだと思います。


シュトゥットガルトを発つのは日曜日の19時過ぎの便だったため
日曜日はいろいろ周りました。


レニスパにお別れし


090708_1.jpg


向かった先はEsslingen
中世の町並みが残る美しい町です。


090708_2.jpg


090708_3.jpg


090708_4.jpg


Esslingenでランチを食べたあとは
新しい場所でリニューアルオープンした
陶芸教室にご挨拶に伺い
新しいアトリエを案内していただきました。


前のアトリエは隣村の自然豊かな場所にありましたが、
今度はスーパーやらBIOショップが並ぶ便利な町。
アトリエには中庭もあり
寛太先生力作の囲炉裏テーブルがあって
今から教室の後の夜の部が楽しみです。


そしてこの日は2年に一度の陶器市があるとのことで
Boeblingenにある村に行ってきました。


すごい人。人。人。
クリスマスマーケット並みです。


090708_5.jpg


陶器は、最初に見た一軒だけがわたしの好みで
あとはあまり好みではなかったです。残念。


ただ、はりねずみの焼き物があり
Riccardoへのお礼のギフトが見つかってよかったです。
彼の家にはすごい数のはりねずみグッズが飾ってあったんです。
このギフトも気に入ってもらえたようで、
行った甲斐がありました。


090708_6.jpg
のっぺりとした感じのものが多かった。。。


空港の近くのカフェでお茶をして
兄を見送ってわたしたちは家路へ。
兄は経由地のフィンランドへ向かいました。


フィレンツェ 

やっとイタリア旅行記最終回です。
6月13日(土)&14日(日)のお話。
今回は二日分です。

------------------------------------------

お昼寝を終えてから、予約しておいたレストランに向かいました。
いや~。1時間ぐらいだったけど、疲れた体が復活。


今日のレストランも成美堂出版の「イタリア ショッピング&レストランガイド」から
魚介類のお料理がおいしそうなレストランをピックアップしたのですが、
ここも当たり!


前菜は3皿チョイスして3人でシェア。
その後、ダンナはなんとかチーズのリゾット。
兄は、ボロネーゼのショートパスタ。
わたしは、白ワインベースにトマトが入っているボンゴレのパスタ。


090707_5.jpg



090707_6.jpg
スパイキーの肉球のニホイがしたそうです。


090707_9.jpg



090707_7.jpg


これできっとお腹いっぱいになると思っていたのですが、
トスカーナといえば、ステーキ。
ということで、3人でフィレステーキを一皿シェアしました。


090707_8.jpg


この日は、立派なポルチーニ茸が入ってるとのことだったので、
トッピングでのせてもらいました。
今まで乾燥したポルチーニ茸しか食べたことなかったけど、
生ポルチーニ茸、おいしかった~。
ポルチーニ茸って大きいんですね。
カットして乾燥したのしか見たことなかったので知りませんでした。


満腹で、もうドルチェもコーヒーも入らない。
でも、レモンチェッロをすすめられ、
レモンチェッロ好きのわたしとしては
自家製聞けば断るわけにはいきません。


キンキンに冷えたレモンチェッロ、
甘くておいしかったです。


ちなみにこちらのレストランには
日本人のシェフの方がいらっしゃいましたよ。


雰囲気もサービスもよくて、お手頃価格でおすすめです。



ミラノのレストランも
このガイドブックに載っていたところに行ったんですが、
これも当たり!


このガイドブックは他のガイドブックと違っていい!
紹介されているレストランは、いいところ押さえてます。


お腹がいっぱいになったところで、
少しお散歩して腹ごなし。
6月の夏至直前だったので、日が長くて、
暮れなずむフィレンツェの町をたのしみました。


090707_10.jpg


こちらは、日が落ちてからのアルノ川とベッキオ橋。


090706_18.jpg


そして、ベッキオ宮殿。
ベッキオ宮殿の向かいにウフィッツィ美術館があります。
今回も行けなかったけど。。。


090706_13.jpg


途中ワインを買ったりして、
最終目的地のドゥオモへ。
三脚ないからブレブレの写真ばかりでした。


090706_17.jpg


090706_16.jpg


090706_15.jpg


近くで見るのもよいけど、
わたしは丘の上のミケランジェロ広場から見える
フィレンツェの町並みの中のドゥオモの方が好きかな。


こちらは、翌朝レニスパのお散歩を兼ねて撮った写真。
朝は日陰になってしまうので、
お昼以降がオススメです。


090707_1.jpg


090707_3.jpg


さて、最後に起こったトラブルとは。。。


続きを読む

ルッカ・フィレンツェ 

うう。気が付くと7月も半ばにさしかかってきてしました。
あっという間に時間が経ってしまいますね~。
イタリアに行ってからもう1ヶ月経つじゃないですか。


ということで、こちらは6月13日@ルッカ、フィレンツェの旅の話です。


-----------------------------------------------------------

レニスパは車の中で一晩過ごしたものの
前の晩にZip & Maraと過ごしたり、
一日中歩き回ったりしたので
早朝にそぉっとのぞきに行ったときには
いいコで寝てました。


スパはケージの中で、
レニーはトランクスペースで寝てました。


ホテルは、5年かけて農家をきれいにリノベーションしてあり
オーナーカップルの思い入れが至る所に感じられました。
庭も芝生がきれいに手入れしてあり、
だから、犬を連れ込みたくないというのもわからないではないけど、
それならWebにペット可と書くべきではないでしょう。
人柄もサービスもとっても良かっただけに
それだけが残念。


090706_19.jpg


たださすがにオーナー自身犬を飼っているので
胸が痛んだらしく
「大丈夫だった?」と言って車までレニスパを見に来ました。


さて、今日は午前中ルッカの町を観光し
そのあとフィレンツェへ向かいます。


ルッカは、フィレンツェの西北74km、
ピサの北東22kmにある芸術都市。
オペラの作曲家プッチーニの生地だそうです。


町の中心部が城壁で囲まれた
ドイツでいうとローテンブルグのような町でした。
ただこちらの城壁は、上が車も通れるような
幅の広い遊歩道となっていました。


090706_3.jpg
遊歩道の上から


090706_4.jpg


090706_5.jpg
不思議なテーストの建物でした。


090706_6.jpg
屋根の上の天使が中国チックだった。


090706_7.jpg
この木はどうしたの?!


ルッカは小さい町なので、
3時間ぐらいあれば十分見て回れるでしょう。


お昼にはルッカを後にし、
今回の最終目的地フィレンツェに向かいます。


まずは、町を一望できる丘の上に上りました。
ここはおすすめスポットです。


090706_1.jpg


太陽の日差がジリジリして本当に暑かったので
カフェで一息。
レニスパもお水をもらって生き返ってた。


090706_14.jpg


ホテルにチェックインして
ダンナとわたしは町にお買い物に、
兄はホテルで昼寝してました。
この暑さの中、外に出る気にはなれなかったようです。


そうそう。ここのホテルでは、レニスパは大歓迎されましたよ。
今回の旅で初めて。


ちょうどお祭りをやっていたようで、
こんな行列に遭遇しました。


090706_9.jpg


このあと、この太鼓のリズムがずっと耳から離れず困った。。。


090706_10.jpg


日差しがジリジリした暑い中、
この衣装はかなりキビしいと思いマス。


わたしたちもホテルに戻り、
レストランの予約だけして夕寝しました。


長いので、続きます。

テニスがもたらす弊害 

昨日ゴルフに行って
わたしの場合、スライスの原因が
テニスのスイングによるものだということが判明しました。


日本人の奥さまでとーーーってもゴフルの上手な方(シングルプレーヤーです)に
スイングを見ていただいてわかりました。


「腰が開いているわよ」


!!!


あと脇が開いているのと
バックスイングのときのクラブの位置が低いのを
ご指摘いただきました。


すごいです。Mさん。
ステキすぎます。


わたしは、どちらかというと何事もフィーリングでやるタイプなので、
人に物事を説明するのがとっても苦手。
パッとかサッとか、ガーっとか、関西人な説明しかできません。


実はテニスもゴルフもあんまりボール見てないんです。
なんか、この辺ねっていう感覚で打ってます。
超テキトー。


でもMさんは、具体的な例や数値を用いて的確なアドバイスを下さったので
今までのもやもやがふっとびました。


テニスのレッスンは水曜日。
ゴルフのレディースディは木曜日。
わたしの体はテニスモードでゴルフをしていたんですね。
スイングを切り替えて、しっかりボール見て打てるようにがんばりますです。

テニス 

今日は、テニスのレッスンでした。
今日は、調子良かったです。
だから書いてます(笑)。


お昼近くになると雷がゴロゴロ。
空模様もちょっと怪しい感じですが、雨は降っていないので、
とりあえず家から車で1分のコートに行ってきました。


「雷なってるけど、雨降らなくてラッキーだったね」とコーチ。
「そ、そうだね。でも、結構雷近くでなってるよね。」とわたし。
「そうそう。今日は、これ、左手に持ってね。」と
言ってKids用のちびラケットを差し出してくるではないですか。


むむ、二刀流ですか。
脇差の代わりにKidsラケットね。
まぁ、サイズ的にはバランス取れてますね。


今日は最初のショート・ショートで
右ラケットでボールの勢いを殺して受けたボールを
左のキッズラケットで普通に打ち返すという練習をしました。


そして、最初のロングの打ち合い。
今日はなんだか、ネットに引っかかる数が少なくていい感じ。


いつもはボールとの距離が近すぎるとか、
ボールを捕らえるのが遅すぎるとか、
バックしながら打たないとか、
いろいろ注意されるんですけど、
今日はめずらしく注意がないです。


そしてアプローチショットの練習をして、
今日はなんとドロップボレーの練習です。
そうです。このために二刀流での練習があったのです。


フォアハンドのボレーは、まぁまぁ得意なほうなので
ドロップボレーもなんとかうまくできました。
"sehr gut!" (Very Good!) 出てますよ。
めずらし~~。


そして、今度はバックハンドのスライスの練習。
ダメなんですよね。スライス。


いつも
スイングが遅すぎるとか
グリップを90度にフィックスしなさいとか
トップスピンになってるとか
打つ前にラケット下げないとか
ボールとの距離が近すぎるとか
左足が前ではなくて、横に出ないとダメとか
いっぱい注意されるんですけど。


今日はなんかいつもと違って、
ネットを越えて、コーチのコートに戻るでないの!


これにはコーチもびっくりで。
「なんか、今日はいつもと違うね。
先週、違うコーチにレッスン受けたでしょ?!(笑)」
とか言い出すぐらいでした。ふふふっ。


わたしは、調子いいときと悪いときの差が大きいんですよねぇ~。
ゴルフも然り。
以前、一緒にラウンドした当時の上司から
「XXXちゃんは、デジタルな女だね」と言われたことがあります。


そうです。わたしってば1か0か。
良いか全くダメか。
白か黒か。
うーん。なかなかいいとこついてますね。


そうそう。テニスね。テニス。
最後にまたロングの打ち合いをやったのですが、
結構ラリーが続いて気持ちよく打てました。
ほんと、この日は体がよく動いて自分でも大満足。
やっとここにきて体が冬眠から目覚めた感じです。


明日のゴルフもこの調子で行くといいんですけど。
ちなみにゴルフでは、ここのところすんごいスライスです。
明日はまっすぐ飛びますように。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。