スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sommer Urlaub in Sued Tirol その3 

3日目は、ようやく持ってきたMTBでお出かけです。
Silandoの村には、自転車用のトレールがいろいろありますが、
レニスパも一緒に走りたかったので、
人ごみを避けて、近くの山の山頂付近にある山小屋「Hasenhof」をめざして
ヒルクライムコース。


0813_21.jpg


何度も休憩しながら


0813_3.jpg


ひたすら上ります。

0813_4.jpg



0813_5.jpg


だいぶ、村も小さくなってきました。


0813_6.jpg


途中、放牧中の牛が4頭ほど


0813_7.jpg


わたしたちに向かって近づいてきて、
どうしよう。。。と思ってたら、車が来たので、
森の中に戻って行ってくれたのでよかったけど。
ちょっと怖かった。。。
人懐っこいのかな?


0813_8.jpg
レニスパもちゃんとついて走ってます。


ひたすらこぐこと2時間弱。
やっと目的地のHaselhofへ。


0813_9.jpg


こちらは、海抜1574m。
ホテルが海抜700mぐらいなので、
約800m強上りました。



0813_10.jpg



さっそくApfelstrudel mit Eis (アップルパイアラモードのようなもの)でエネルギー補給
Apfelstudelはオーストリアやこのあたりの名物デザートなので、
これは外せないでしょう。


0813_11.jpg


Apfelsholeをジョッキでいただき、喉の渇きもすっかり潤ったところで下山。
さすがに、山の上は下界と違ってひんやりしてます。
雲で日差しがなくなるといっきにさぶいぼがででてきます。
あまりにいいお天気だったので、ウインドブレーカー持ってこなかったし。。。
山をなめちゃいけないね。


0813_12.jpg


さすがに下りのスピードはレニスパにもきつそう。
途中様子を見ながら休憩すると
かならず日陰に行って、休んでました。


「よし、行くよ!」と声をかけると
むくっと立ち上がり、
また一生懸命走ってついてきます。


ちょうど麓の村まで下りてきたら、
ヤギの水飲み場をハッケーン!


速攻で飛び込んでました。


0813_14.jpg



0813_13.jpg


さすがにレニスパも疲れた様子で、ぐっすりお昼寝。
わたしは、楽しみにしていたマッサージへ行ってきました。


お願いしたのは、全身マッサージだったんだけど、
これはエステタイプのオイルマッサージ。
わたしは、肩こりがひどいので、
スポーツマッサージの方がこりをほぐすには良かったのかも。


でも、途中で気持ちよくって意識がなくなってましたけど。
オイルの効果でお肌すべすべになったし、これはこれでよかったです。
今度は3日間マッサージコースを頼んでみたいな。


この日の夜のお散歩はトイレのみで、
人間もおいしいディナーを食べで、消費したカロリー以上がっつり摂取してきました。

スポンサーサイト

Sommer Urlaub in Sued Tirol その2 

昨日フロントのお兄さんにチェックしてもらった天気予報では、
「晴れ」とのことでしたが、なんだか朝からどんよ~りしてますよ。
お散歩行ったときには、雨がぽつぽつ。
明日はもっとお天気が悪いと困るので、
今日のうちに、ドロミテ(Dolomite)渓谷に行くことにしました。


でもね。お天気悪いからのんび~り、まった~り。
レニスパもベッドの上でごろごろ、たまにすりすりしてます。
あ、ベッドに乗るのはわかっていたので、ベッドカバー持参です。


0812_4.jpg



しつけ的にはダメダメなんですけど、
かわいくってしょうがないので、一緒に寝てます。
日本にいたときは、ダブルベッドに大人二人と大型犬二頭。
さすがにそれは狭くて無理な姿勢で寝たりしてたので、
たまにわたしは2階のソファで寝てました。レニーと。
こちらではダブルベッドx2です。おかげでのびのび、ぐっすり眠れます。


それはそうと。
今朝、朝ごはんを食べていると
いきなりダンナが鼻血を出しました。
ちょくちょく鼻血出すんですけど、いつも突然タラ~っと流しているので
こっちはびっくりです。


今回はなかなかとまらなかったので、
彼はわたしを置いて部屋に帰ってしまいました。
まぁ、ご飯もほぼ終わっていたのでいいんですけど。


で、部屋でまった~り血が止まるのを待っていたた
スパイキーが彼の鼻につまっているティッシュにロックオン。

0812_1.jpg


0812_2.jpg


そして、鼻につまったティッシュを
パクっ。


0812_3.jpg


何度つめても、持っていかれてました。


で、肝心のDolomiti渓谷ですが。
わたしたちが滞在しているSilandroから下道でBolzanoまで行き、
そこからちょっとだけAutobahnに乗ってさらに下道で東にCortina方面にSelvaを目指します。


このAutobahnを下りてからの下道が曲者で、
一気に山をくねくね道で上るので、すっかり気持ち悪くなってきました。
運転しているダンナもなんだか生あくびを連発しています。空気が薄くなったから?


ちょうどいいところにTourist Informationとレニスパが遊べるような草原があったので
ひとまず休憩することに。

0812_5.jpg


レニスパも気持ちよさそうに駆け回ってリフレッシュ。
わたしも新鮮な空気を吸って、気持ち悪さはなくなりました。
あまり地図を見ないようにしないと。


0812_6.jpg


0812_7.jpg
お決まりのスリスリ


Cortinaも有名なスキーリゾートだけど、
途中にも雰囲気のいいスキーリゾートの村があります。
なかでもSt. Ulrichはこの季節も人がいっぱいでにぎわってましたよ。


Selvaまでの道からは松井田妙義のような岩山がいっぱいです。
でも、すっぽり雲に覆われてすべての姿は見えません。
なんだか、仙人でも住んでそうな雰囲気です。


0812_10.jpg


Selvaに着いて遅いランチをとるころは、
すんごい寒くてテラス席はかな~り厳しいものがありました。
しかも、あったまりたいから頼んだミネストローネは中途半端にぬるく
そのカフェのスペシャリテになっていたブルスケッタも
できてからしばらく放置してたでしょ?ってぐらい
ビミョウに冷めてて、「温めなおして!」と言いそうでした。


0812_9.jpg
ぬるいよ!


ケーキを頼んだほうが、外さなかった感じ。
この借りは、ディナーで返すぜ!です。


このあとは、もう少し車を走らせ、スキー場へ。


0812_11.jpg


ボール遊びをして


0812_12.jpg


川があれば、どんなに浅くてもつからないと。

0812_14.jpg


まるで半身浴してるみたい。

0812_15.jpg


しっかり、ガス抜きしてホテルへ戻りました。


Sommer Urlaub in Sued Tirol その1 

8月11日(月)から一週間夏休みです。
でも急ぎの仕事が入ってしまい、
結局早朝から4時間ほど仕事をして何とか無事終わらせ、
晴れてパソコンを持たずに旅立てることになりました。


まだバックアップしてないデータもあるのに、
旅先で盗難にあったりしたら目も当てられないものね。
なーんて、旅先に仕事を持ち込みたくなかっただけですけど。


何とか11時前には家を出発し、
今回向かうは、南チロルのSilandro(Schilanders)です。
場所は、北イタリアの西側、スイスに近いほうで、
スキーリゾートで有名なCortinaとは逆方向。
そこに3泊4日。とりあえず、のんびり自然を満喫しようという旅です。


今日は快晴。
お天気もいいので、途中お友達おすすめのスイスのSt. Gallenに寄り道。
St. Gallenはドイツとの国境近くにある町ですが、
やっぱりドイツとは建物の雰囲気が違います。
すっとした垢抜けた雰囲気です。Stuttgartとはやっぱり違います。


車にMTBを乗っけてるので、思うように駐車場に入れず、
結局道路にあるMax 1時間パーキングで済ませることに。
レニスパを連れて、さっそく街を散策です。


0811_2.jpg


こちらが大聖堂。
今までに見た教会とは全く違う色味の天井画。


0811_1.jpg


あとは文房具屋さんに寄って、カルトナージュ用のカッティングボードを購入したら
もう時間もないので車に戻ることにしました。


それにしても暑い。
外は30度はあります。


次はオーストリアを抜けて、St. Antonを過ぎたら下道で目指すはSilandro
途中休憩をしながら、のんびり行ったら、着いたのは夕方6時でした。


こちらは途中休憩した原っぱ。

0811_4.jpg


こんなきれいな湖もありました。

0811_3.jpg


こちらが今回ステイしたVier Jahrezeiten

0811_5.jpg



今回はディナー付きのプランをダンナが予約してくれてたので、
夜はホテルでお食事です。


さすがイタリア。
こっちに来てからたべたことがないような繊細な味付けで、どのお料理もとっても美味しかったです。
サラダからデザートまで満喫いたしました~。(写真ないです)
これは、明日の晩ご飯も楽しみですよ。また太りますよ。


明日は、お天気がよいとのことなので、ドロミテ渓谷へ行ってきます。


啄木鳥の不幸 

最近、わたしの趣味は庭の草むしりになってきていて、
毎日庭の芝の中に混じって生えている、クローバーと蔦っぽい草を庭からなくすのが快感なんです。


そして、今日も雑草をチェックすべく仕事の合間に庭をのぞいたところ
庭に一羽の鳥がうつぶせに倒れていました。


  『げっ、嘘でしょ。
   きっと道具小屋のガラスか何かにぶつかって脳震盪起こしてるだけよね。
   次に庭を見たときには、元気になって飛んでってるわよね。きっと。』



と心から願ったのですが、
何度窓の外をのぞいても、
そこには、前のぞいたときと同じように、うつぶせで動かない姿がありました。


わたしは鳥が大の苦手なので、
怖いながらも観察すると、
全体的に黒くて、頭の方に白い羽と赤い羽根が生えていて、どうやらそれは啄木鳥のようでした。
体長は10cmぐらいあります。


朝の散歩のときはいなかったのに、
お昼前に庭を見たときにはいたので、ほんの3、4時間の間に事件は起こったのです。


とっても可哀想だったけど、わたしは鳥が大の苦手なのでダンナに連絡し、
ことの一部始終を話して聞かせ、彼が帰ったら森に埋めるというので待ってたんです。
そしてたら、すごい雷雨になってしまいました。
雨にあたったら、また息を吹き返すんじゃないかと淡い期待を抱いてましたが、
やっぱりダメでした。


雨は途中降ったり止んだりを繰り返し、
彼が帰ってきたときはまた土砂降りの雨。
啄木鳥のことが気になりつつも、レニスパのお散歩にも行けないような土砂降りの中、
さすがに啄木鳥を埋めに行くこともできず、
とりあえずそのままにして翌朝埋めてあげようと言ってたんです。


ところが。。。
朝彼が新聞紙を持って庭にでかけると、
啄木鳥の姿がどこにもなかったんです。Disapearedです。Goneです。


うちの周りには、何か知らないけど、
必ずうちの玄関マットの上でウ○チをする小動物がいるんです。
多分イタチか何かだと思うんです。
きっと、イタチか猫かが、夜の間に啄木鳥をもってっちゃったんだと思うんです。


ひぃえ~~~


ごめんよぉ~。
うちの庭に落ちたばかりに。。。


とっても申し訳なく、心が痛んだんですが、
きっと森の中でも同じことが起きていたんではないかと自分を納得させる
自分勝手なわたしでした。


この事件以来、ちょっと庭の草むしり熱が冷めてきつつあるわたしです。



ガス室 

先日、隣村のお肉屋さんに買い物に行って、
夏休みのどうするかって話になり、
「うちは、犬と一緒に南チロルに行ってくるの。」って話すと
「犬はどんな餌を食べてるの?」と聞かれ
「ドライフード」と答えたところ
「いい骨があるから持ってく?」とかなり大きな牛の骨を2本タダでくれました。


そこのお肉屋さんは、小さいながらも創業200年を越える老舗で
お肉もハムやソーセージもどれもおいしい。
「XXX用のお肉が欲しいんだけど」、と言えば適切なお肉を出してくれるし、
「このソーセージとこのソーセージはどこが違うの?」って聞けば、
そのソーセージを切って、詳しく説明してくれる、とっても頼れるお肉屋さんなんです。


この前聞いたら、なんと牛タンもあるとのこと。
まだ買いに行ってないけど、タン塩が食べれる日が近いなんて
ヨダレがじゅるりです。かなり楽しみ~~。


話は横道にそれてしまいましたが。。。
帰ってさっそくもらった骨をレニスパにあげてみたら
期待していた、ヒィヤッホーと骨にむしゃぶりつくわけではなく
クンクンにおいを嗅いで、ペロっと舐めてあっさり終了。


せっかくもらった立派な骨、無駄にはできません!!
ってことで、2回使ったっきりすっかり出番がなかったシャトル鍋の登場です。


加熱したあとは、カニみそのような灰汁がいっぱい浮いてたけど
なんだかとってもいいスープが出てる感じ。


さっそく冷まして、レニスパにあげてみると
まぁ、なんてことでしょう。
すっかり骨に夢中じゃありませんか!!
あっという間に大きな骨がなくなってしまいました。


そして翌日はというと、
ウ○チの回数激増。おしりが切れちゃうんじゃないかって余計な心配しちゃいます。
そして、くっさいオナラを(だいたい、すかしてます)連発し
わたしの仕事部屋は、レニスパの放屁により、ガス室と化したのでした。
まるで、大涌谷にいるような、硫黄の混ざったようなニホイでした。(お食事中の方ごめんなさい)


どっちかがオナラするたびに、
「くっっさい~~!!」と言っていたら、
めちゃめちゃ嫌そうな顔をして仕事部屋から出きましたよ。
廊下でふて寝してました。


200808_gas3.jpg


かれこれ3日間ぐらい
仕事部屋は、ガス室でした。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。