スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぽっかぽか 

日本のお友達からは、スキーに来ててパフパフパウダーで最高!なんて情報が届いてましたが、
こちらは、おもいっきり春!です。異常です。この暖かさ。

朝晩はさすがに冷えるものの(0度ぐらい)、今日なんて日中の最高気温は20度ですよ~。
半袖で歩いてる人いっぱいいました。
アンビリーバボー

せっかくの春を楽しむべく、今朝のわんこ散歩はチャリンポで、私が日々開拓しているトレールを1時間ほど走り。

weg.jpg


renee_ball.jpg



running_spiky.jpg



帰ってからシャワーを浴びて、ゴルフへGO!
今シーズン初ゴルフです。

今日は後ろで順番待ちしていたドイツ人夫婦と一緒にラウンド。
私は下手っぴなので、迷惑かけないか心配。


golfplatz.jpg


途中、嫌な汗をかいたりして、結果は相変わらずボロボロの大たたきでしたが、家族以外の人とまわっていろいろ勉強になりましたよ。
こっちは、年会費だけで一回ごとのプレイフィーがかからないので、行くだけお得なんで今年はがんばって、がんがんラウンドしようっと。


あ、その前にがんばらないといけないのは3月中旬からのドイツ語コースでした。(汗)
3ヶ月間は、早朝から仕事→午後ドイツ語コース→戻って仕事続き&宿題です。
あ、家事が抜けてました。はははっ。
大丈夫かなぁ~。


2月になってから空気は冷たくても日差しがどんどん強くなり、この週末は一気にあったかかくなりました。
本当にこのまま冬は終わってしまうのでしょうか。。。


スポンサーサイト

肉ま~ん 

去年のクリスマスマルクトでのこと。

肉まん


きゃ~~っ!
めっちゃ肉まん売ってる~。


こんなところで、肉まんに会えるなんて感激~!!とお願いしたら、
こんなんでてきました。


なんじゃこりゃ



えっ、肉まんにカスタードソース?
しかも、フルーツソースかけられて、その上シナモンまで。。。

やっぱりソースはいらないって言えばよかった。。。なんて思ってたら、
全然違う食べ物でした。

おばちゃんに中身は何か聞いたんだけど、英語が通じなくて、「肉か?」とドイツ語で聞いたら、「キルシュ」って返ってきました。

でも、もう頭の中では中身は「肉」と思い込んでいたので、「ヒルシュ」=鹿肉と勘違いしてしまい、なんか臭そうだけどおばちゃんの一押しっていうから、じゃぁそれでって頼んだら、中身はさくらんぼのジャムでした~。

そうだよね。さくらんぼのリキュールってキルシュだよねってあとから落ち着いて考えればわかったんだけど、あのときは、もう頭の中が肉まんでいっぱいだったからね。

冷静に考えれば、こんなところでドイツ人が肉まん売るはずないし。

でも、肉のいいかぐわしいにおいがしてたのよ。
近くのソーセージのスタンドのニオイだったみたいだけど。。。


わたし、思い込み激しいから視覚と嗅覚で別々にキャッチしたものを頭の中で合成しちゃったみたいです。

恐るべし、思い込み。。。


動物虐待 

今日はちょっと真面目な話。

すでにワンコを飼ってる人は知ってる人も多いと思いますが、コスタリカの「生きている犬を紐につないだまま餓死させる」という展示に対して。

阻止するための署名活動が行われています。
みなさんのご協力をお願いします!!


以下、クミさんのブログ『ドイツ犬日記』より許可を得て転載させていただいてます。


=======================

コスタリカで開催される、Bienal Centroamericana Honduras 2008 と言う展示会に、「生きている犬を紐につないだまま餓死させる」と言う悪魔のような作品が出品されようとしています。


For the love of the dogs (英語)



こんな事が許されていいのでしょうか??

それを阻止するための署名活動が行われています。


Boicot a la presencia de Guillermo Habacuc Vargas en la Bienal Centroamericana Honduras 2008



このページの下の 「Click here to sign petiton」を押すと次のページに移ります。

そこに、Name (名前)、 Email Address (メールアドレス)、 Localidad (都市名)、País(国)を記入して、Email Address Privacy Optionが Praivateになっていることを確認して、「Preview your signiture」を押して、次のページの「Approve Signiture」を押すと署名完了です。

その後すぐメールが来ますが、それは署名完了のお知らせですので放っておいて構いません。


詳しい情報は「ピースハウス」さん(音有り)のHPの「緊急のお知らせ」に載っています。



さて、ここからが次の話題。

ぜひピースハウスさんのHPを詳しく見てください。

女性お二人が、放棄された病気や高齢の犬猫、虐待された犬猫のお世話をされています。

「わんこ達」「にゃ~おん達」を見てください。

まあ、なんと虐待されて来た子達の多いことか!!



そして「虹の橋の仲間達」の中の「パン君の死」と「福ちゃん」

これを読むと、私は自分が人間であることが嫌になります。


いろいろな品物が不足しており、募金もつのっています。

皆さん、ぜひ協力してあげてください!


==============================



先日ドイツのワンコ税について書きましたが、ドイツでは税金がちゃんと動物保護などのために使われてます。

パン君の飼主は、なぜ犬を飼うのか。

まったく理解できません。

人間も動物も同じ命なのに。。。


チャリンポ 

ここのところ、ドイツはとってもお天気がよい日が続いています。
朝晩は冷え込むけど、日中は日差しが強く、確実に春が近づいていることを実感。


from_window2.jpg

雲ひとつない青空です。



renisupa_window.jpg

レニスパも春を感じてるのか?!



こうお天気がよいとなんか遠出したくなりますよね。
うちの周りには、いっぱいトレールがあるので、久々にMTBを引っ張りだし、レニスパを連れてチャリンポに行くことに。

レニスパはチャリンポ初体験です。(あ、もちろんノーリードで。リードついてるとえらい目にあうのは目に見えてます。。。)


ちゃんとついてくるか心配したものの、私の両サイドをついて走るレニスパ。
上り坂になって私のペースが落ちると、さっさとマイペースで先を行くレニーに対し、スパは私のことを気遣うかのように、ぴったりヒール。こうゆうところが、スパは女心をわかってるっていうか。グッとくるんですよね。まぁ、この話はまた今度ゆっくり書きますが。。。


家を出てから約20分かけて標高差200mの坂道をひたすら上ります。
そうするといったんフラットになるので、そこで休憩。
私の上がった息を整えるために、レニスパはボール遊び。


renisupa_bicycle.jpg




レニーは、ボール遊びに夢中で何度も持ってきては取りにいくけども、
一方のスパイキーは、一回取りに行ったら、かならずそこでゴロゴロ。
しかも、いつも微妙に堆肥がまいてあるっぽいところで。勘弁してよ~。



Spa_mad.jpg


まゆげくっついてるし。
我集院達也か?!ってツッコミ入れたくなります。
(若人あきらの方がピンとくる私って。。。)



renisupa_1.jpg




私の息も整ったし、汗もひいて肌寒くなってきたので、再びトレールへ。
アップダウンを繰り返しながら、上っていった山とは別の山から一気に下り降りてきます。
さすがにこの下りはかなり急なので、レニスパも遅れ気味。


でも、一生懸命横べろになりながらも私を追いかけて走ってくる姿は超可愛い。←完全に親ばか


家に着いたらさすがにグースカ。
私もよく眠れる。


普通の散歩に比べ、人にもワンコにもいい運動になるので、お天気がいい日はチャリンポ続けたいのですが、これからどんどんハイカーが増えるからね。


いつまで行けるかな~。


レニーの受難 

今日掃除機をかけてるときに、玄関入ってすぐのところに立てかけてあるだけの鏡(姿見)に掃除機のコードがひっかかって、無理に引っ張った拍子に倒れてきました。

寝ているレニーの上に。


がーーーん!


レニーの上に倒れたおかげで、鏡は割れずには済みましたが、
レニーが壊れていないか心配。。。


鏡、結構大きくって重いんです。
165cm x 30cm。

それがバーーンって倒れてきたんだから、レニーもたまったもんじゃないですね。


相当びっくりしたみたいで、白壁に「何だ、これ?!」っていう液体がついてました。
血ではないし。
なんか、におうし。


そう。犬飼いのみなさんはもうお気づきかもしれませんが。
びっくりしたときに肛門線からあのくっちゃい液体が噴射されて、壁に付着してました。
筆でぴしゃってしたみたいに。


オレンジXで拭いたけど、まだうっすらにほいが。


レニーとスパイキーは同胎の兄弟犬なので、いってみれば双子みたいなもんですが(正確には6ツ子の中の2頭)、こうゆうツイてないことって必ずレニーに起きるんです。


思い起こせば最初の受難は、生後4ヶ月頃。
初めて飛行機に乗り、私の実家に里帰りしたときのこと。
近所の灯台まで散歩した帰り、おっちゃんが連れてた柴犬が、急にレニスパに向かって、ガウガウ襲ってきたときに、襲われたのはレニーだったし。


renisupa_4months.jpg

この後、レニーが襲われる!


歯があたったぐらいで、がぶりと噛み付かれたわけではないけど、お散歩デビューして間もないのに、レニーはいきなり厳しいワンコ社会の洗礼を受けてしまいました。


renisupa_4months_1.jpg

さぁ、レニーはどっち?!


そして、去年、ドイツに引越して間もない頃。
夜のお散歩のときです。
リードをもったまま、ボールを軽くぽいっと投げて、キャッチしながらお散歩してたんですけど。
レニーがキャッチしそこなって、鼻先にあたったボールが前方に転がっていきました。
そのボールを追っかけてレニーは急発進。
リード持ったままの私は急に引っ張られ、
着地したところが、レニーの右後ろ足の上。
多分、細くなってるとこらへんだと思います。

レニーはキャイーンと鳴き、足がつけなくなってしまいました。

絶対骨折させてしまったと思ったのですが、レントゲンを撮った結果骨には異常なしで。
1週間ほどで普通に歩けるように回復したので、本当によかったんですけど。

ドイツ語を読めないし、喋れない中、獣医さんを探すのは大変でした。(ダンナが探してくれたんですけどね。)もう夜の9時前だったし。
電話したら、『うちは馬専門だよ。』とか言われちゃうし。
結局近所の人にヘルプしてもらい、何とかすぐに見てくれる獣医さんを見つけ、行ったところがすごくよくて、今でもそこに通ってます。


話は横道にそれてしまいましたが。。。


で、3度目の受難は今日の鏡。

お散歩のときも元気よく走り回ってるし、今のところどこも痛いところはなさそうですが。
ほんと、ごめんよ。レニー。


renisupa.jpg


大きな受難はこれぐらいだけど、他にもいろいろあるかもね~。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。