スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェコ旅行記 その3 

3日目のメインイベントは、プラハの町並みが見渡せるレストランでのランチ!
マミンカさんのブログで紹介されていたRestaurant TERASA(音あり)へ行って来ました。


この日もとりあえず昨日と同じ駐車場に車を停めて
予約の時間まではレニスパと一緒にお散歩。
前日までとは違いとってもお天気がよくって写真も映える。


Prach4.jpg



予約の時間を気にしながら、レニスパのガスを抜き
また駐車場の車へレニスパを置いて
とりあえずトイレに。


Prach3.jpg


そしたらね、案の定ここのトイレもチップ式。
あいにくわたしはチェココルナを一銭も持っていませんでした。
で、「チェココルナ持ってないんです」っておばちゃんに言ったら、
扉の「50セント」って張り紙を指し示し、
「ユーロでいいのよ。ユーロ持ってんでしょ?」と。
わたしは20セントぐらいしか小銭がなく、
まけてくれるかななんて淡い期待を抱いてたのですが、
「お釣りあるから、お札でもいいわよ」ってな感じです。
内心がっちりしてるなぁ~なんて思いながらも
トイレに行きたいからとりあえず5ユーロ札をわたし
おばちゃんが「お釣り準備しておくから、トイレ行ってきな」っていうので
トイレ行ったんです。


トイレから出てきたらきたらおばちゃんは机の上にお釣りをちゃんと用意してました。
「はい、お釣り。1、2、3、4ユーロ」
はい?「No No!!」ってむっとして言ったら
ばれちゃったっていうような顔してあと50セント出してきました。


むっかつく~!
たかが50セントだけど、日本人観光客だと思って甘くみんなよ~!!
いや、50セントだから余計に腹が立つ。せこすぎるぞ、おばはん!!
ただでさえ、ユーロに換算したときに倍以上の値段になってるのに。。。


せっかくプラハはきれいで英語もドイツ語も通じるしいい町ねぇと思ってたのに台無し。
50セントでわたしの気持ちはずーんと沈んでしまったのでした。


ブツブツ文句言いながらも、予約の時間は迫ってるので気を取り直してレストランへ。
プラハ城に行く途中にあるGolden Well(音あり)というホテルの中に入っているんですが、
その番地にはそれらしき看板が出た建物は見当たらず、
とりあえずその番地にある建物に入って聞くことにしました。
聞いたら、きれいな英語を話すお兄さんが、
「Golden Wellホテルはここですよ。
レストランは、その入り口を入って、エレベーターで一番上のフロアにあります。」とのこと。


ゲートには、チェコ語でホテル名があるだけで
その名前が全く頭になかったので全然気付きませんでした。
ゲートを見るとホテルって感じじゃなかったし。
でもね、あとで気付いたら玄関マットにはGolden Wellって書いてありました。


さすが5ツ星ホテル。
外はシンプルですが、中はとてもきれいにしてあります。


0104_1.jpg


まずは、プラハの町を見下ろしながらキールロワイヤルで乾杯。
(お酒強くないんですけどね。とりあえず、フレンチだし~。
 この一杯がね~、あとですごいことになるとは露知らず。。。)


0104_2.jpg


プラハの町も屋根が明るい茶色の瓦でちょっとフィレンツェの町の雰囲気と似てるかも。
メニューを見ながら何にしようか迷い、
結局フルコースをいただくことに。
前菜、メイン、デザートを別々にいたがくよりコースの方がコストパフォーマンスよかったし。
ばっちりフォアグラのステーキも入ってるし。
こんなときぐらい美味しいもの食べたいし。


0104_9.jpg


もうね、このパルマハムも塩加減が最高。
ご機嫌でキールロワイヤルも進みます。


0104_3.jpg

下の白いほうのパンは、ズッキーニが入っててこれまた美味。
わたしはこのパンをたくさんいただきすぎて、3回目のサーブのときには出てこなくなりました。


0104_8.jpg


前菜は、マグロのたたき。
たまり醤油のようなかなりどろっとしたお醤油にラディッシュの付け合せ。
う~、おいしいぃ~。。。思わず日本を思い出す。


0104_4.jpg


次はお待ちかねのフォアグラのステーキとチーズリゾット。
下のビーズのような赤い食べ物は、たまねぎをバルサミコでソテーしたもの。
う~、フォアグラ最高!!
チーズリゾットもたまねぎもいい。


0104_7.jpg


このフォアグラは今まで食べた中で一番おしいい。
ミディアムレアで、口の中でとけましたよ。


0104_10.jpg


いい調子でパンをいただいてたので、結構おなかがいっぱいになりつつも
ドーバーソウルが出てきたら、テンション上がります。
付け合せのマッシュポテトも、ほうれん草のソテーもエリンギも言うことなし。
ほんと、ここのお料理は日本人の口に合います。


0104_5.jpg


ここにきて、わたしの身体に異変が。。。
なまあくびが出て、耳が遠くなりつつある。
今までの顔のほてりがひいていくのがわかる。
げ、キケン。
これはまさしくあの一杯のキールロワイヤルが
こんなにも効いてくるとは。。。


0104_6.jpg


う、もうダメ。
シャーベットを一口食べてちょっと失礼。
トイレにふらふらとなりながらもなんとか辿り着き
少々休憩したらちょっと気分よくなってきました。
トイレは涼しくてよかったみたい。
レストランは、外が寒いからとても暖かくしてあり、フレッシュ空気がなかったからね。


席に戻ったら、おねぇさんが「大丈夫ですか?」といろいろ気を使ってくれ
窓を開けて空気を入れ替えてくれたり。
コースの残りのメインディッシュとデザートはお持ち帰りに包んでくれてもう至れり尽くせり。
さすがチェコでこのお値段だけはあるわね。
ちなみにメインは、鹿肉のフィレステーキと季節の野菜。
デザートは、チョコレートいろいろとブラウニーが入ってました。
ホテルに帰ってからいただいたのですが、
ステーキは冷めててもとってもおいしかったです。
アツアツだったらもっとおいしかったと思うとちょっと残念。
チョコレートもブラウニーもか~りおいしかった。


わたしたちは、日本のガイドブックを持ってなかったのですが
ここのレストランはどこかのガイドブックに載っているようで
日本人率が高かったです。
4組中3組が日本人。
(メニューもちゃんとみないで、速攻でビールと応えるのはちょっとどうかなと思いましたが。
ちゃんとしたフレンチレストランですからね。
そこで酔っ払って気分悪くなってるわたしが言うことじゃないですけど。。。)


そういえば新婚旅行で行ったマルタのレストラン(旅行中一番おいしかったらしい)でも
わたしは食前酒のアイスワインですっかり気持ち悪くなり
前菜が来たときには耐えられずに外に出て休んでいて
ダンナ一人でディナーということもありました。
あのときは昼間灼熱の太陽にやられて体調が良くなかったような。。。(他にもいろいろアリ)
体調がよくないときのお酒は要注意です。わたし!

スポンサーサイト

チェコ旅行記 その2 

2日目も、どんよ~りした曇り空。雨が降ってないだけいいんですけど。
今日は、レニスパを途中で車で待機させることができるように
町の中心付近の駐車場に車を停めて、お買い物を兼ねて散策に出かけました。


こちらは、モルダウ川べりに建っているダンシング・ビル。
建物のことは知っていたけど、どこにあるか知らなかったので、
駐車場を探しながら橋をわたっていきなり出現したときはびっくり。

---以下転載---
1992-96年アメリカ人ゲーリーとチェコ人ミルニッチの共同設計。
ハヴェル大統領の推薦の下、第2次世界大戦の爆撃跡地に
建設されたオフィス建築。角地に建つ特異な造型の2つの塔が
ダンスをする様子を表現しているそうだ。頂上にはメドゥーサを
表現したオブジェが載っている。
--------------


0103_3.jpg



昨日もそうでしたが、レニスパを見て声をかけてくるのは
断然イタリア人が多かったです。
「ケベーレ」というキーワードが聞こえてくるので
「グラッツェ」で返しときます。
そうすると、グループの中に誰かしら英語のできる人がいるので、
たいてい英語で「何歳?」とか聞いてきて、会話がはずみます。


中には、「うちにも犬がいてね・・・」と携帯を出してきて
ワンコの写真やら動画を見せてくれたりする人も。
それが、「ランボー」(スタローン主演映画から命名)という芸で、
「ランボー」とコマンドをかけるとワンコが匍匐前進するというもの。
道端で携帯電話の動画をわざわざ引っ張り出して見せてくれたのでした。
さすがに一緒にいた家族が痺れを切らせ、「お父さん、早く!」と言われ
あわててチャオと立ち去っていきました。
こうゆう出会いは、レニスパが一緒のたびだからこそ。


0103_2.jpg


プラハでは、いろんなワンコ見ましたよ。
イタリアの都市部では小型犬が多かったけど、
こちらでよく見かけたのは、フラットコーテット・レトリバー。
あとは、グレーハウンド、ゴールデン、ビーグル、ブルテリアも見かけたし
ジャックラッセル、チワワ、ヨーキー、ミニチュアピンシャー。
わたしの知らない種類のコもいたし。Mixのコもいたし。


基本的にきっちりしつけはされていて、ノーリードの人が多かったです。
が、ウンチは結構落ちてましたよ。
ちゃんとウンチ袋が設置してある公園でも。
このへんの事情は、ドイツと同じですね。
ただ、設置されているウンチ袋は、とっても使いにくいものでした。
(紙袋製で、すくうための厚紙でできたプチショベルがついてるけど、使えねぇ~
 レニスパPは、ウンチつけちゃってました。指に。。。)


Prach7.jpg
このあと、スパがキレタ!


レニスパは、よくマウンティングされてましたね。プラハでも。
基本的にマウンティングされても怒らないんですけど
どうもこのフラットのコはしつこかったようで、スパはキレテました。
それに便乗してレニーもキレテた。
レニスパは、どっちかがキレルともう一方にもそれがうつるみたい。


この日は、洋服屋さんや靴屋さんをのぞいてみたけど
欲しいものは見つからず。
2時間半ほどがっつり歩いてレニスパを駐車場の車に戻し
わたしたちは、ランチを食べてそのあとムハ美術館
(日本ではアルフォンス・ミュシャと呼ばれてる)行ってきました。


モエ・エ・シャンドン社のボトルラベルのデザインは、
てっきりクリムトだと思ってたんですけどミュシャの作品でした。
他の作品は全く別物なのに、あれだけは何だか雰囲気が似てたんですよね。


ムハ美術館はすごくこじんまりとしていて、作品数も少なかったんですが
ビデオでの解説が30分ぐらいあったから理解が深まって一気にファンに。
あれでビデオがなければ、かなりさみしい感じがする。
で、ビデオを見たからポスターも欲しくなったりして
併設の売店でにわかに気に入ったポスターを5枚も調子づいて買っちゃいました。
プラハでのお土産はこれぐらい。
ボヘミアングラスとかは高くてとても買う気になりませんでした。


この日も寒い中かなり歩き回ったので、
早めにホテルに戻って、レニスパと軽めのお散歩に行ってから部屋でのんびり。
レニスパも疲れてたのかグースカです。


夜は、レニスパを残してプラハ城に夜景を見に行ってきました。
あまりの美しさに時間を忘れてしまいそう。


0105_3.jpg
プラハ城に上る途中にあったフランス大使館だったと思う。。。


0105_2.jpg
プラハ城からプラハの町を望む


0103_4.jpg
門をくぐってお城の中へ


0105_8.jpg
いきなり現れた聖ヴィート大聖堂。圧巻です!



こちらは、有名な大人の小便小僧。小便オトコ?
腰も、ブツも、おしっこの角度も動きます。
わたしが撮った瞬間は、あまり元気がない状態のところでした。(笑)


0105_7.jpg


冬のプラハは、めちゃくちゃ寒かったけど
この夜景は見る価値あり。
ほんとにきれいでした~。

チェコ旅行記 その1 

旅行記の前に、こちら、寒いです。まじで。
昨日の夕方のお散歩のときは、-12度でした。
いやぁ、久々に鼻毛が凍る感じを楽しみました。楽しんだのか?!


先週末に、お散歩で会う人会う人から
「来週は、-20度ですってよ」と言われていたので、
若干楽しみにしていたのですが、
うちの方はどうも寒波の勢力が衰えたのか、-12度止まりのようです。
ケルンやデュッセルドルフ、ベルリンの方は-15度越えているようですよ。


さてさて、本題の旅行記です。
12/26~31までチェコ共和国のプラハとチェスキー・クルムロフへ行ってきました。
もちろん、レニスパも一緒に。


心配していたお天気はくもり。
とりあえず、雨じゃなくて良かった。
雨が降るとレニスパを連れて歩くの大変ですからね。


26日の9時頃出発し、途中2回のんびり休憩しながらも
プラハには13:30頃到着しました。
想像以上に早かったですね~。


プラハまではアウトバーンがつながって、
国境でのパスポートコントロールもないので、
トイレ休憩を1回ぐらいなら4時間半ぐらいで到着できそうな感じです。
もちろん日本と違って渋滞なんてなかったし。
チェコに入ってからは車が極端に少なくなりました。


0102_1.jpg
ほとんど車走ってないでしょ。陸橋の右下に移ってるのが、パスポートコントロール。



チェックインが15時からとのことなので、
ヴルタヴァ(モルダウ)川べりに車を停めて、早速プラハの町を散策してきました。


ダンナは2度目のプラハなのでガイドをお任せ。

Prach2.jpg


プラハの町では、26日でもまだクリスマスマルクトをやっていたので、
いつもの焼き栗をつまみながら、指先の暖をとって。


このちくわみたいなのが、この地方の有名なお菓子らしいです。多分。
バームクーヘンっぽい、コルネっぽいものに、グラニュー糖がかかってました。
今回は、チャレンジなし。


Prach5.jpg


それよりもおなかがすいてて、しょっぱいものが食べたかったのでブルストにしました。
レニスパにもパンのおすそわけが出来るしね。むふふ。


今回泊まったのは、Moevenpick Hotel Prague
スイス系ホテルチェーンで、Stuttgartにもあるので、ちょっと安心な感じ。
それに、なによりもびっくりお値段ですよ。
今回は、booking.comで予約したんですけど、
二人で一泊60ユーロ(約7,800円)。朝食込みのお値段です。
でもね、駐車場代が、一日24ユーロもするの。
どうゆうこと?!


若干町のはずれにあるけど、ワンコ連れにはとってもよいホテルでした。
お部屋も広かったし。
なによりも、立地がGood!
小高い丘の上にある公園の中に建っているんですもん。
玄関を出れば、すぐ公園ですからね~。
旧館だけですけどね。新館は丘の麓にあります。


でね、その新館と旧館の移動はこれです。
ジャーン。ケーブルカー。

0102_8.jpg


さすがにこれを見たときは、「はいっ?」って感じでしたけど。
慣れてしまえば、ちょっとした遠足気分でよかったですよ。
旧館のケーブルカー乗り場のところには、
コーヒーとクロワッサンが「お待ちの間にどうぞ」って置いてあったり、
TVモニターがあって、CNNが流れているので、
待ってる間にイライラってことはないかも。


Prach6.jpg
黄色とピンクの建物が新館。ケーブルカーの中から撮影。


晩ご飯は、寒さとかなり歩き回って疲れていたのでホテルで食べることに。
前に食べたときは、まぁまぁ美味しかったとのことだったので。


彼は、チェコに来たからからには、チェコビール。
ビール発祥の地ですからね。
わたしは、グラスでシャンパンをいただき、乾杯。


こちらは、ダンナの前菜で、カラマリのグリル。
これ、カラマリじゃなくて、イカだろって、突っ込みいれたくなりました。


0102_3.jpg


わたしが頼んだのは、南仏風ブイヤベース。
だったはずなんですけど、これも何か違いません?
お味もビミョーな感じ。魚臭いだけ?


0102_4.jpg


このお店はリゾットがおすすめとのことだったので、
二人ともメインはリゾットにしました。

わたしは、魚介のリゾットを。

0102_5.jpg


彼は、お店の一押しリゾットのチーズリゾットをいただきました。


0102_6.jpg


魚介リゾットは、普通のお米だったけど、
チーズリゾットは、麦っぽい穀物が使われてましたよ。
これが、おにいさんが説明してた、「エキゾティック」なお味だったのですかね。
二人とも大量のリゾットで、おなかパンパンで、コーヒーもデザートも入りませんでした。


感想は、この値段出せば、もっと美味しいもの食べれるかなといったところです。
ちょっと不燃焼気味なわたくし。
食事の良し悪しで、旅の感想が大きく変わりますからね~。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。