スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クスクスナイト@パリ 

前回のブログからすっごく日が経って
あの暑かった日はどこに行ってしまったのか。。。
ワールドカップはとっくに終わってしまってるぞってことになってますが、
あの、たのしかった夜に思いをはせて。。。


そう。あれは、7月2日の夜のこと。
ヴァンソンのレッスンのあと
フラワーブティックで開催されていた
展示会の打ち上げパーティーに
花レッスンの受講生も招待していただき
アーティストの作品を観賞しながら
おつまみやらドリンクやらをいただいて
そろそろ帰ろうかしらと思ったところに


Sachieさんから
「クスクス食べに行こうと思ってるんですけど一緒に行きませんか?」
とお声をかけていただき

「行きま~す!!」と元気よくお返事させていただきました。


クスクスレストランの話しは、
由美さんのブログでちょくちょく伺っていたので
今回連れて行っていただいて大感激です~。


大きな花束をかかえてメトロに乗り
(あ、かかえてくれていたのは、Takakoちゃんでした。ありがとう!
 わたしがかかえていたのは、SOLDEでゲットした戦利品でした。)
エッフェル塔が見えるところあたりで下車。
由美さんを先頭にみんなでおしゃべりしながら
クスクス屋を目指します。


このあたりは、チュニジアとかモロッコからの移民の人が多いのか
クスクスレストランがたくさんありました。
お国が変われば、移民事情も異なります。
そしてそれが食文化にも影響しますよね。
(もうちょっとなんとかならないの。ドイツ。
 っていうか、シュトゥットガルト。レベル低すぎです。)


そして、目指すクスクス屋の前に着くと
あれっ。閉まってる!


由美さんは、「ちょっと待っててね」と言ってお店の中に。
そして、しばらくして満面の笑みで
「いいって。あけてもらったわ。」と。


す、すごいです。由美さん。
閉まってるレストラン、開けさせました。
わたしたち6人だけのために。


そして、おすすめ料理をちゃちゃと注文し、
そのあとは、店を取り仕切るおかみのような働きっぷり。


1007027_1.jpg


キリリと冷えたモロッコのロゼワインで乾杯し、
念願のクスクスに、チキン、マトン、チョリソーみたいなソーセージなどを乗せ、
そのあとに野菜がたっぷり入ったスープをかけていただきました。


1007027_2.jpg


1007027_3.jpg


1007027_4.jpg


うまいっ!


野菜がいい感じに煮えていてお腹にやさしい感じです。
おかわりもいただいて、お腹いっぱいでしあわせ~。


1007027_5.jpg


何よりも初めてお会いした人ばかりでしたが、
初めてと思えないほど楽しい時間を過ごすことができました。


由美さんのお人柄と、いろんな人との信頼関係。
そしてSachieさんの花とパリに対するアツイ気持ち。
とってもステキなものを見せていただきました。


今度は由美さんのレッスンを受けに
またパリに行きたいと思ってます。
9月に行けるといいな。

コメント

ステキな人たちと、ステキな夜を過ごしたようですね。
生活に刺激がないといけませんよ。

はい。

刺激、刺激。。。

しっかし、肉ばかり食ってまんなー。

maimamaさん:

そうそう。刺激とうるおいがないとね~。

肉は活力の源。
このときもがっつり、いただいてきましたよ~。
でもこの前のフォアグラナイトの方がすごかったかも。

そして、今日の夜も肉。
これから、タンドリーチキン焼きまっせ~。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://renisupa.blog113.fc2.com/tb.php/321-e8d76429

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。